長期実践型インターンシップ・プログラム

株式会社YOUTURNでは、長期実践型インターンシップ・プログラムとして、九州・福岡のスタートアップと学生のマッチングを開始する。これから企業と学生への案内を始めていくが、それに先立ってこのプログラムにかける想いと概要を書いておきたい。

 

目的① 地方で次世代のリーダーを育成する

地方課題を解決するために、ITなどの技術的ソリューションはもちろん必要ではあるが、それに先立つものとして「リーダー人材」がいなければ何も始まらない。東京や海外ではなく、あえて国内の地方で社会課題や新しい産業の創造に挑むチャレンジャーがいない限り、先端技術や創業支援体制がどれだけ充実していても世の中は変わらない。

一方で、福岡規模の地方都市でも優秀な学生の多くは、卒業後東京の大企業に就職する傾向が強い。実際、僕の福岡時代の友人の多くも、就職のタイミングで上京した。それもほとんどが東京のいわゆる大企業だ。

これは僕の持論だが、「新卒で東京の大企業に就職した地方の若者のほとんどは、U・Iターンで地方に戻ることはない」。一社目に大企業を選ぶ心理には「安定志向」や「保守的傾向」が確実に内在している。また、「有名で大きな企業」ほど社会的ステータスを感じるだろうし、家族・友人からもそのように評価されるだろう。

したがって、一度大企業に入社して何年も勤続すれば、その世界観で形成される「ヒエラルキー」の下層にあたる「知名度がなく小さな会社」へ転職したり、或いは「自ら起業」したりすること自体、発想が困難になると思う。

そうなると、東京で勤めている大企業よりベターなオプションが地方都市には存在せず、「地元に帰りたいけど仕事がない」状態になるわけだ。僕は福岡の企業をそれなりに回っている方だと思うが、地方都市にも「仕事」はある。ただ、一度大企業に勤めた人の価値観の延長線上で、「キャリアアップ」や少なくとも「キャリアの維持」ができる仕事はない、或いは少ない。価値観を変容して、「大企業よりベンチャーのほうが面白い」とか「会社の規模よりも自分個人の介在価値に重きを置きたい」という心持ちにならない限り、いくら地方に「仕事」があってもおそらく地方に帰ってくることはない。親の介護問題などの話は別で、純粋なキャリアプランとしては地方で働くオプションを持ちづらいだろう。

前置きが長くなったが、インターンシップの話に戻りたい。仮に新卒で大企業に入社したとしても、学生時代にベンチャー企業で長期間働いた経験があったとしたらどうだろう。おそらく「小さな会社」に対する先入観や不安は多少なり払拭されているはずだ。大企業とベンチャー企業を比較することもできる。例えば、「学生時代に働いていたベンチャーのほうが楽しく働けていたな」とか、「少人数の組織のほうが自分の存在価値が高かったな」とか。そういった価値観や比較軸を若い学生時代に経験的に持っておくことで、将来的なキャリア選択の幅は一気に広がると思う。むしろ、そういった経験がない限り、地方からは優秀な人材が流出していくばかりだ。

YOUTURNでは、学生にベンチャー企業やスタートアップで働く機会を提供し、その後のキャリアプランで選択できる幅を広げるきっかけづくりをしていきたい。また、地方で挑戦する経営者の側で働くことで、次なるリーダーとして地方で事業を起こす人材を企業と一緒に育てていきたい。

 

目的② 地方スタートアップへの人的リソース供給

そもそも僕がYOUTURNを立ち上げた背景には、福岡のスタートアップに人的リソースが不足しているから(詳しくはこちらのエントリーを参照)。先月末からUIターン人材に特化した求人サイトYOUTURNを開設して中途採用という形では人材獲得のサポート体制を設けることができた。

ただ、「地方スタートアップの人的リソース不足を解決する」手段を中途採用だけに限定する理由はないし、僕のこれまでの経験から「スタートアップにインターンのリソースは不可欠」だと確信している。

スタートアップにとって正社員を採用するよりも、インターン生を採用するほうがハードルが低い。正規雇用をする必要はないし、「裁量権のある仕事とその経験」をしっかり学生に提供さえできれば、学生の方から喜んで飛び込んできてくれる。また、学生が社内でがむしゃらに働いてくれることで、正社員メンバーに対してもいい刺激になる。やる気がある学生であれば、数カ月も働けば一人前の戦力になるし、そうなれば育成にかけたコストを上回るリターンを得ることができる。したがって、スタートアップがインターン生を活用しない手はない。

しかし一方で、福岡などの地方都市ではベンチャー企業における長期インターンシップが東京ほど盛んではないし、第三者として間に入るプレイヤーも少ない。スタートアップ都市をかかげる福岡で、企業がインターン採用にアクセスできる手段が少ないというのは大きな課題だ。それを解消したい。

 

目的③ 自分自身の社会への恩返し(学生に機会を提供したい)

3つ目の理由は個人的な思いだが、僕自身が学生時代1年半に渡ってベンチャー企業でインターンに従事できたことが、その後の自分のキャリア形成に大きく影響した。誇張でも何でもなく、「インターンで自分の人生は変わった」と言い切れる。このインターンの経験をできた背景には、インターン先をコーディネートしてくれたETICというNPOや受け入れてくれた企業と社長の存在があった。その自分が受けた恩を社会に還元したいというのが個人的には一番強い動機だ。

福岡での起業を模索していた頃、何人もの学生から「インターンをする機会が東京よりも圧倒的に少ない」という声を聞いた。自分が「インターンで人生変わった」と思っているので、そういった機会を選択できる環境がないという状態は絶対に変えたい。それを通じて、社会に恩を返していきたいと思う。

 

プログラムを端的に説明すると、下記のような概要だ。

 

【YOUTURNが提供するプログラムの概要】

・6ヶ月以上の長期実践型

・裁量権のある業務(課題発見・解決力を要する)

・インターンシップ期間中、YOUTURNが学生を定期コーチング

 

◆受入企業向けの特記事項

・当面は無償で学生の紹介とその後の学生のフォローアップを実施する

・次世代のリーダーを育成するという理念に共感して頂くことが前提

・学生には労働時間に応じて報酬をお支払い頂きたい

・裁量権がありチャレンジングな仕事を用意して頂きたい

 

◆学生向けの特記事項

・6ヶ月以上、週最低15時間以上従事できることが条件

・将来的な自己実現につながるという強いモチベーションを持って欲しい

・インターン開始前に適性や志望動機をYOUTURNがメンタリングする

・インターン開始後も月1回以上のコーチングの機会をYOUTURNが設ける

 

以上がこのプログラムを始める理由と概要。

当面はボランティアに近い形でYOUTURNが手弁当で学生のフォローを実施していく形になる。企業からは当面紹介料を頂かないので金銭的なコストは学生への報酬のみ。一定のコーチングをプログラム期間中YOUTURNが実施することで、企業側の育成コストも軽減できればと思う。

また、学生に対しては定期的なコーチングの機会を設ける。学生の成果と成長にYOUTURNが一定のコミットをするので、学生には安心してチャレンジに踏み切って欲しい。

僕自身、学生時代のインターン経験、受け入れ先企業としてのインターン学生育成経験、数十人のインターン学生の定期メンタリング経験を持っているので、学生の育成に関してはそれなりに自信がある。

とはいえ、当初はリソースが限られているので多数の学生を紹介することは難しいかもしれないが、一歩ずつ実績をつくっていって、福岡に長期インターンシップ文化を根付かせて行きたい。

本プログラムに興味のある企業や学生はYOUTURNのFacebookページやinfo@youturn.jpまで問い合わせ頂けると幸いだ。

 

著者プロフィール

中村 義之
株式会社YOUTURN代表。地方のアセットを活かして持続可能なライフスタイルとイノベーションを生みだすための起業インフラを創出中。メイン事業はU・Iターン特化の転職エージェント。地方のスタートアップで活躍したい人材募集中。