一度は就職で地元を離れたものの、ライフステージの変化や働き方への意識の変化などもあって「やっぱり地元に戻って働きたい」「地方で生活したい」と考える人も多いのではないでしょうか?

 

そんな地方への転職にはどんなパターンがあるのか、また転職を考える前に押さえておきたいポイントや注意点について、事例と合わせてご紹介します。
福岡移住でキャリアアップを実現する方法は?

 

Uターン・Iターン転職とは?地方への転職4分類

地方へ転職するパターンとしては、大きく4つに分けられます。

 

移動のルートをアルファベットにたとえて

・Uターン

・Iターン

・Jターン

・Oターン

と言われます。それぞれの転職パターンの特徴は以下のように分かれます。

 

Uターン転職:地方で生まれ育って、都市部へ、再び地方へ

地方で生まれ育った人が東京・大阪など都市部へ進学・就職したあと、地元である地方へ戻って就職することを指します。実家があるため帰りやすく、住む家や風習への慣れに対する不安が少ないのが特徴です。

 

Iターン転職:都市部で生まれ育って、地方に転職

都市部で生まれ育った人がそのまま都市部で就職し、そのあとゆかりのない地方へ転職するパターンです。これまでとまったく違った環境に身を置くことになります。

 

Jターン転職:地方で生まれ育って、都市部へ、地元よりの地方へ

地方で生まれ育った人が都市部へ進学・就職したあと、地元に近い地方都市部などへ移住して転職することをJターン転職といいます。希望する仕事が地元にない場合や、ほどよい利便性を求めて地方都市に移住する場合が多いようです。

 

Oターン転職:Uターン転職したが、再び都市部へ

こちらは、Uターン転職で地方に戻った人が、また都市部で転職することを指します。地元に帰って転職したものの、都市部の仕事や生活スタイルに戻りたい場合は、このような転職のルートをたどります。

 

U・Iターン転職を決める前に確認すべき2つのポイント

都市部から地方へ転職するにあたっては、仕事も変われば生活環境も変わってきます。一度地方に転職して再び戻るOターンもありますが、そう頻繁にできることでもないので、事前にしっかり検討して置くことが大切。

 

そこで、地方へ移住するUターン・Iターン転職を決める前に確認してほしいポイントを2つご紹介します。

 

1.仕事を探してから移住を決めよう

地方へ移住するとはいえ、転職であることに変わりはありません。移住した先で仕事をして生活を築いていくことになるのです。転職後に後悔しないためにも、まずはどのような仕事をしたいのか、またどんな企業に就職したいのかを明確にしておきましょう。

 

そのうえで、地域の求人情報や転職に関する情報を集めて転職先を決めることが大切。インターネット上の求人サイトをチェックしたり、地元の知り合いに聞いてみたりするなど、あらゆる角度から情報を集めてください。

 

転職エージェントを利用すれば、希望する条件に合った企業を見つけてくれますし、複数社の面接を一日にまとめてくれるなど、効率的な転職活動を手助けしてくれます。

 

希望する仕事を探し、就職する会社がかたまってから移住を決めるようにすれば後悔することもなくなるでしょう。

 

2.地域の人・風土を現地で確認しよう

地元であればある程度は人脈も土地勘もあるのでさほど心配はいりませんが、Iターンでまったく住んだことのない場所へ移住する場合は、住む前に現地の人や風土を確認するようにしましょう。

 

移住先は、これからの生活を築く場所。「住んでみたら周囲の人付き合いが想像とちがった」「気候や地形の条件が自分に合わなかった」といったことがあると、いくら希望する転職先が見つかっても暮らしていくことが難しくなります。

 

可能であれば、何度か移住する地域へ足を運んで現地の人に会いに行ったり、風土や歴史などを知る機会を持つことをおすすめします。

 

知っておきたい!U・Iターン転職メリット・デメリット

地方移住と聞くと、「のんびり暮らせそう」「自然が多そう」といったイメージを持つかと思います。実際そのようなメリットもありますが、当然デメリットもあるもの。

 

そんなUターン・Iターン転職でのメリットとデメリットをみてみましょう。

 

メリットは自然・コミュニティ・コスト削減

なんといっても地方の魅力は溢れる自然。地域にもよりますが、都市部に比べて自然が身近なものとなり、四季折々の美しい景色を楽しんだり、自然の中でのびのびと子育てすることが可能です。

 

海や山が近い地域であれば、とれたての新鮮な食材を安くで手に入れることもできるのが嬉しいところ。より健康的な生活を送ることができるようになります。

 

都市部に比べて人と人の距離感が近いのも地方の特徴。子育てをするにも、ご近所さんの目があって安心だったり、困ったときにすぐ助け合えるような人間関係やコミュニティを作りやすいのがメリットといえます。

 

さらに、家賃や土地代が安いのも地方ならでは。

生活コストを下げることができれば、収入が多少減っても生活水準を維持できたり、逆に上がることも少なくありません。

以前より広々とした家に住むことができるようになったり、同等の広さの部屋に住むことで貯金ができるようになったりといった嬉しさがあります。

また住んでいる人の数も少ないため、極端な渋滞や人混み、満員電車といったストレスからも解放されるでしょう。

 

デメリットは人間関係・給与水準・情報格差

人と人の距離感が近い地方だからこそ、その人間関係に悩まされることも考えられます。ご近所付き合いで嫌な思いをしたり、いつも見られているような感覚に陥って苦しくなったり。協調性が重んじられることがかえってストレスになる場合もあるでしょう。

 

また都市部に比べてまだ地方は賃金水準が低く、以前より収入が減ってしまう可能性もあります。どうしても給与水準を高く保ちたい場合は、地方での選択肢は少なくなるかもしれません。

 

都市部では数多くあったセミナーや勉強会も、地方に行けば行くほど減っていきます。常に最新の情報に触れられた都市部の感覚のままだと、情報の少なさに不便さを感じるかもしれません。

 

U・Iターン転職で大失敗!? 転職先を決めるときの注意点

地方へ移住するUターン・Iターン転職では、住環境もさることながら、転職先が大きなポイントとなります。しかし、地方への転職だからこその失敗や注意点もあるのです。大きく2つのポイントがありますので説明していきます。

 

①下調べのために遠方へ出向く必要がある

Uターン・Iターンで移住する前に大切なのは、現地を確認すること。それは、住環境だけでなくどんな企業や求人があるのかを調べる意味でも欠かせないことなんです。

 

ですが、現在住んでいる都市部から離れた場所への移住を考えている場合、下調べのためにかなりの移動時間や交通費がかかってしまいます。現地確認をしないまま移住した場合、「希望する求人がなかった」「住環境が合わなかった」という理由で失敗してしまう恐れもあるので、必ずその土地へ出向く時間と費用を準備しておきましょう。

 

②選べる業種が少なく年収ダウンの可能性も

都市部ではさまざまな企業が集まっており、それぞれの専門家(スペシャリスト)が活躍できる素地が既にあります。

 

しかし、地方ではどれだけ専門性を持っていても、その仕事以外の業務もこなせるジェネラリストが求められることも多いと言えます。同じ業務・職位であっても都市部より年収が下がる場合もあります。

 

そのため、特定の分野で実績を積みたいと考えている20代の人や高収入を求めている人には向いていないかもしれません。

Uターン・Iターン転職を決める前に自分が求めているものと合っているかをしっかり考えてみましょう。

 

実際にU・Iターン転職をした人の事例紹介

では、実際に地方へ移住してUターン・Iターン転職をした人はどう感じているのでしょうか?また、どんな想いを持って転職に臨んだのでしょうか?

 

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)でモバゲーを立ち上げ、現在は福岡で株式会社グッドラックスリーの取締役として活躍されている畑村 匡章さんの場合は、大阪生まれで福岡へ移住したIターン転職。

 

奥様が福岡出身だったこともあり、何度か訪れているうちに住環境の良さを知り、現在の会社の社長から声をかけられたことでIターン転職を決めたそうです。

ワークライフバランスやキャリアプランの考え方については、畑村さんへのインタビュー記事を参考にしてみてください。

 

(参考)モバゲーを立ち上げた男はなぜ福岡移住を決断したのか?ポジションも給料も捨てず生活の質を向上させる選択

(参考)【イベントレポート】福岡で叶えるエグゼクティブ転職。モバゲーを起ち上げた男と語る「セカンドキャリアのつくり方」

 

同じIターン転職では、東京から福岡へ移住・転職された平島 浩一郎さんのインタビューもあわせてご覧ください。移住までに5回滞在されたとのことで、どのような事前準備をしたらいいのか悩んでいる方の参考になります。

 

(参考)ネットベンチャー創業エンジニアが福岡にIターンをした理由【前編】移住の検討と準備期間

https://blog.youturn.jp/?p=798

 

(参考)ネットベンチャー創業エンジニアが福岡にIターンをした理由【中編】移住者から見た福岡の生活環境

https://blog.youturn.jp/?p=803

 

(参考)ネットベンチャー創業エンジニアが福岡にIターンをした理由【後編】移住転職の感想と今後の展望

https://blog.youturn.jp/?p=807

 

U・Iターン転職に役立つ3つのサービス

地方への移住・転職をしたいと思っても、仕事を斡旋してくれるような人脈がない場合は誰を頼っていいのか迷いますよね。そんなときはぜひ、Uターン・Iターンのための情報サイトや転職エージェントを活用してください。

 

①ふるさとSearch

国土交通省が運営している、U・I・Jターン希望者向けの情報サイトです。各地域への移住・転職サポートに関する情報がまとまっているので、住みたい地域で調べてみてください。

http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/chisei/crd_chisei_tk_000037.html

 

②リクルートエージェント

就職転職をサポートする大手エージェント「リクルート」も、U・Iターンの転職に関する情報を掲載していたり、転職サポートのサービスを行なっています。こういったエージェントを利用すると効率的に仕事を探すことができますよ。

https://www.r-agent.com/uiturn/

 

③YOUTURN

福岡にUターン・Iターンを希望している人へ向けて求人情報を掲載したり転職相談を行うことができるのが当サイトを運営している「YOUTURN」。福岡に特化している分、非公開求人情報なども入手できるのがポイントです。

https://youturn.jp/

 

福岡のU・Iターン転職なら「YOUTURN」を使おう

YOUTURNでは、Uターン・Iターン転職希望者する方に対するキャリアプランの無料相談を行なっています。特に福岡のリアルな情報に強いため、福岡への移住・転職を考えている方にはおすすめ。YOUTURNに会員登録していただけると、以下の3つのメリットが得られます。

 

メリット① 最新情報をメルマガでキャッチ

各自治体の移住イベントや採用セミナー、交流会など、U・Iターンに役立つ情報がメールマガジンで届くようになります。最新の情報をいち早くキャッチすることで、希望する転職先や移住先が見つかるかもしれません。

 

メリット② 非公開求人に応募可能

一般の求人サイトでは公開されないような、役員・幹部候補や新規事業責任者などの求人情報も会員限定で配信しています。エグゼクティブ人材や専門性の高いスキルを持つ人材など、U・Iターン転職で見つけにくい業種をサポートします。

 

メリット③ 便利な機能で仕事が見つけやすい

YOUTURNのサイトを使うと、会員の人だけが利用できる「お気に入り登録」や「職歴登録」といった便利な機能があるので、仕事を見つけるのに役立ちます。

(参考)https://youturn.jp/

 

まとめ

地方で暮らし働きたいという人が増えている今、トレンドとなっているUターン・Iターン転職。これまでと違う働き方や生活を手に入れることができる一方で、慣れない暮らしや収入の変化に対応できない……といったリスクも考えられます。

 

でも、U・Iターンのメリット・デメリットや、移住・転職を決める前に何を考えておくべきかを知っておくことで、移住後の理想と現実のギャップを埋めることができるんです。

 

まずは自分がどんなライフスタイルを手に入れたいのかじっくり考え、住みたい地域に足を運んで現地を知ること。その後、転職エージェントなどを利用して仕事を探していきましょう。

 

今回ご紹介した情報サイトや転職エージェントも、ぜひ参考にしてくださいね。
福岡移住でキャリアアップを実現する方法は?

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?