キャリアを考えていくうえで欠かせないポジションが「マネージャー」。組織のなかでキャリアの階段を登っていく際には、一般的にはマネージャーを経験することが多いといえます。しかし、マネージャーにはプレーヤーとは違うスキルも求められるため、初めてマネージャーを体験する人の中には困惑する人も多いでしょう。

 

今回はマネージャーとして成果をだすために必要なこと、またマネージャーとして今後のキャリアプランをどのように考えていけばいいのかを紹介していきます。マネージャーになって悩みを抱えている方、今後マネージャーを目指している方はぜひ参考にしてください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

マネージャーとは

マネージャーとは一般的に「組織やチームの成果に対して責任を負う者」として定義づけられています。チームメンバーのモチベーションを上げ、時にはメンバーの特性にあった仕事を振り分け、チームの目標を達成させることがマネージャーの役割となります。
そのためマネージャーにはメンバーの育成と、組織の意思決定の権限が渡されますが、それは同時に部下を育てる能力と意思決定能力が求められることにもなるのです。「メンバーを成長させること」と「組織目標を達成させる」ことがマネージャーに課せられる大きな役割といえます。

 

最も大きな課題は「メンバーの育成」

マネージャーの大きな役割は「メンバーの育成」と「組織の目標達成」ですが、多くの方が悩むのが「メンバーの育成」です。マネージャーに抜擢される方は個人の目標を達成している場合が多く、プレイングマネージャーとして活躍すれば組織の目標も達成させられます。個人で見れば目標を達成させられていないメンバーが多くても、マネージャーの個の力でチームの目標が達成されるということはよくある現象です。

 

しかし、チームメンバー一人ひとりが目標を達成できていなければ、マネージャーとしての役目を果たしたとは言えません。そのため、いつまでもプレイングマネージャーとして現場に立ち続けなければならない事態に陥ってしまうこともよくあるのです。

 

リーダーとマネージャーはどう違う?

ところでマネージャーと似ているように見える役割に「リーダー」というポジションもあります。どちらもチームの長という意味では同じですが、課せられた役割は異なります。

 

リーダーとは

リーダーとはその言葉どおりチームをリードしていく人のことです。チームメンバーの個性や価値観にとらわれず、組織の進むべき方向性を提示するのがリーダーの役割となります。日本語でいうと「指導者・統率者」という言葉が当てはまります。ベンチャー企業を自ら起こす社長などは、典型的なリーダーと言えるでしょう。

 

マネージャーとは

一方でマネージャーというのはチームメンバーの成長を支援しながら、目標達成に向ける役割があります。単に業務を振り分けるだけでなく、メンバーそれぞれに適した役割を与え、自分も含めて組織全体で成長を促していくことが求められるのです。

 

時にはチームメンバーの個性や価値観に合わせて向き合うことが必要になるケースもあるでしょう。つまり先程、多くの方が悩むと紹介した「メンバーの育成」こそ、リーダーにはないマネージャーの最も重要な役割と言えます。

 

「最高のマネージャー」になるには?

重要なのはフィードバック

それでは具体的にメンバーを育成して、最高のマネージャーになるためには何が必要なのでしょうか。さまざまなスキルが求められるマネージャーですが、「メンバーの育成」のために必要なのは、「メンバーとのコミュニケーションの質」が重要になります。そして、コミュニケーションによるメンバー育成を考える上で重要なのが「フィードバック」となります。

 

フィードバックとは「相手の行動に冠して自分の意思を言葉で伝達する方法」であり、肯定的なポジティブ・フィードバックと改善を促すネガティブ・フィードバックがあります。ポジティブフィードバックはメンバーがうまくいったとき、具体的に何がどうよかったのか伝えることです。

 

ポジティブフィードバック:認める

この時注意したいのは、ポジティブフィードバックは「褒める」ことではなく「認める」ということです。部下の承認欲求を満たすことで、仕事へのエネルギーを引き出すことができます。

 

ネガティブフィードバック:人間性を否定しない

対してネガティブ・フィードバックは、部下がうまくいかなかったときに、なぜうまくいかなかったのか指摘し、改善策を伝えることです。あくまで指摘するのはうまくいかない仕事のやり方であって、部下の人間性を否定することではありません。

 

仕事がうまくいかない経験というのは、メンバーにとっても学習や成長の機会となります。ネガティブ・フィードバックをうまく活用することで、メンバーを成長させた上で仕事へのモチベーションも上げることもできるのです。

 

マネージャーにも頼れるパートナーが必要

組織の構造上、マネージャーなどポジションが上になるほど人数も少なくなり、相談できる相手も減っていきます。メンバーからのキャリア相談を受けることはあっても、自分のキャリア相談ができずに不安を感じているマネージャーの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、マネージャーの成長なくして、メンバーを成長させることはできないため、マネージャー自身の成長のために相談ができるパートナーの存在は必要不可欠です。信頼できるパートナーがいないというマネージャーの方はまずはパートナー探しから始めてみましょう。

 

頼れるパートナーの例とそのメリット・デメリット

上司

マネージャーのパートナーと一口でいっても、その相手はさまざまなケースが考えられます。一番身近なのはさらに上のポジションの上司です。

 

上司は同じ会社にいるだけあって、あなたが置かれている状況も把握しているため、細かいアドバイスをしてくれる可能性が高くなります。しかしその半面、社内の立場からのアドバイスになるため、視野が狭くなっている可能性もあります。

 

また、上司と部下の関係には利害関係が発生する場合もあり、必ずしもあなたにとって適切なアドバイスがもらえるとは限りません。身近なパートナーの一人として捉えておきましょう。

コーチングの専門家

パートナーは社内だけでなく、社外に置くことも重要です。特に経営者などは社外に専門のコーチを置くケースも多いです。もし社内のパートナーだけで悩みが晴れないようなら、ぜひ活用してみましょう。

 

コーチはその名の通り「コーチング」の専門家です。あなたの置かれている状況を完全に理解しているわけではありませんが、あなたの悩みが解決できるように導いてくれるでしょう。デメリットとしては個人で頼む場合には有料になってしまうことと、コーチの質もピンキリなので優秀なコーチを探さなければいけないことです。

 

キャリアコンサルタント

コーチの他に社外にパートナーを作るなら、おすすめはキャリアコンサルタント。無料で相談できる上に、場合によっては転職のサポートもしてくれます。キャリアコンサルタントと聞くと転職する際に相談するものだと思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

 

プロのキャリアコンサルタントであれば、今の会社でのキャリアの積み方についても親身に相談に乗ってくれるものです。優秀なキャリアコンサルタントであれば、多くのエグゼクティブ層のキャリア相談にも乗ってきているため、あなたの悩みに対する解決策もいくつももっているはずです。ぜひ、一人は信頼できるキャリアコンサルタントと関係を持っておくことをおすすめします。

 

信頼できるキャリアコンサルタントとは

では信頼できるプロのキャリアコンサルタントとはいったいどのようなものでしょうか。優秀なコンサルタントとしてYOUTURNのキャリアコンサルタントである高尾大輔氏を紹介しましょう。

 

高尾氏は13年間転職エージェントとして活躍し、ベンチャー企業の幹部採用にも強いコンサルタントです。

 

ビズリーチ主催の「ヘッドハンター・サミット」で年間最優秀賞・優秀賞を受賞したり、リクルートキャリア主催の「MVA(Most Valuable Agent)」で最優秀賞受賞・優秀賞受賞を受賞したりと輝かしい実績を持っています。

 

転職を検討していないビジネスマンのキャリア相談にも親身になってこたえ、転職せずにそのまま今の環境で実績を出せるようになった方も多くいます。転職活動をしていない方からの定期的な面談依頼を受けることが多いのは、高尾氏との面談が中長期のキャリア形成において実に有意義であることを示しているでしょう。

 

もちろん、はじめは転職の意思がなかった方でも、高尾氏との面談の間に視野が広がり、そのまま転職活動までお世話になる方も大勢います。今ではYOUTURNにて、移住を絡めた転職をサポートしており、よりキャリアの提案の幅が広がっています。転職、移住の意思がない方でも、ぜひ一度相談することをおすすめしたいキャリアコンサルタントの一人です。

 

福岡Uターンの専門転職エージェントYOUTURN

高尾氏が在籍しているのが、このサイトも運営している福岡のUターンを専門とした転職エージェントYOUTURNです。転職を検討していない方でも、キャリアについて悩んでいる方にはぜひ無料相談をおすすめしますが、そのメリットについて見ていきましょう。

 

YOUTURNを使う理由①:ベンチャーの幹部人材の相談実績が豊富

YOUTURNではこれまで多くのベンチャー企業の幹部人材の採用をサポートしてきました。そのため多くの幹部人材のキャリア相談にのってきた実績があります。その実績をもとにあなたが抱えている悩みに対しても、幅広い解決策を提案できます。

 

YOUTURNを使う理由②:「移住×転職」に特化している

YOUTURNはまだ人材業界でも珍しい「移住×転職」に特化した転職エージェントです。転職だけでも大きな人生の転機になり得ますが、移住も重なるとより大きな決断が必要になってきます。YOUTURNはそんな人生の岐路に立つ方の相談に特化して乗ってきました。そんなYOUTURNだからこそ、単なるキャリア相談だけでなく、どう生きるのか人生相談に対しても幅広い提案ができるのです。

 

YOUTURNを使う理由③:優秀なコンサルタントが在籍している

YOUTURNには高尾氏を始め優秀なコンサルタントが在籍。転職エージェントというのは数多く存在しますが、必ずしもキャリア相談に親身になってくれるわけではありません。転職の意思のない方のキャリア相談は売上にならないため、エージェントとしても熱が入らないケースも多いのです。YOUTURNであれば、転職の意思があってもなくても、あなたが望むキャリアを実現するために、全力でサポートします。

 

まとめ

今の日本の多くの企業でマネージャーの役割というものが見直されています。これまでは単に個の力で実績を出した人間が出世してきましたが、「プレーヤー」に求められるスキルと「マネージャー」に求められるスキルがはっきり分けられるようになってきました。

 

そのため新しくマネージャーを任された人は、マネージャーとしてのスキルを身に着けなければならず困惑する方も増えているのです。そして相談する相手がなかなかいないのもマネージャーがキャリアに悩む原因の一つ。

 

仕事に悩みを抱えているマネージャーの方はぜひ社外にも一人、信頼して相談できるパートナーを見つけましょう。優秀なパートナーを見つけることこそが、マネージャーになっても成長を止めない秘訣となります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?