「今の会社にいるだけでは、将来が心配だ」「望んだ仕事ができない……」などの理由から、転職を考えている方は多いのではないでしょうか。

 

現状の環境に不安や不満があった場合の転職は、慎重に進めたいもの。というのも、安易に転職を繰り返しても、なかなか納得のいくキャリアを積むことができないためです。

 

理想のキャリアを実現したいのであれば、キャリアプランを作り、それに沿って転職やスキルを身につけていくことでスムーズな設計ができるようになります。

 

そこで今回は、そもそもキャリアプランとは何なのか、キャリアプランはどのように練っていけばいいかなど、基礎的なキャリアプランの話題をご紹介していきます。転職を検討しているけれど何からはじめたらいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
福岡移住でキャリアアップを実現する方法は?

キャリアプランは、将来の目標を定めるための地図

キャリアプランとは、将来の目標を定めた地図です。今後のキャリアを考える際に、キャリアプランを考えることで、行き当たりばったりではない、目指す将来に近づくために有益な選択ができるようになります。

 

キャリアプランで設定する目標は、「〇年以内に、年収〇〇万円」などの単元的なものではありません。自分がやりがいを感じて働くために、多角的な観点から作っていきます。また、中〜長期にかけてのプランを練っていくため、詳細に自分のこととして考えられることが重要です。

 

 

キャリアプランを考える前に自己理解を深める

キャリアとは仕事だけでなく今までの経歴

 

キャリアプランは自分の将来のためのものですが、制作するうえでは、過去の自分を振り返ることが必要です。

 

そもそもキャリアの語源は車の車輪が通った後の「轍」を表すラテン語と言われています。つまり、キャリアとは目の前にあるものではなく、自分が通ってきた道程そのものがキャリアになっていくのです。

 

 

感情が動いたエピソードを年表にしてみよう

 

まずは、これまでの人生を年表にして、自分の人生にどのようなエピソードがあったのか、書き起こしてみましょう。ちなみに、このときに大切なのは、エピソードをただ羅列するのではなく、自分の感情を思い出すこと。

 

社会人経験の長い方であれば、社会人になってからこれまでを。社会人になってからの日が浅い方は、幼少期まで遡って思い出してみてみましょう。どんなときにモチベーションが上がり、どんな時にモチベーションが下がったのか。細かく分析して明確にすることが重要です。

 

自分がモチベーションが上がることや要素が分かれば、今はまだ結果が出ていない仕事が天職になり得ることもあるのです。

 

 

より深い自己分析には「ストレングスファインダー」を

 

ちなみに、より深く自己分析をしたい場合には、「ストレングスファインダー」もおすすめです。このテストを受けることで、自分の資質、強み、仕事の適正などを提示してくれます。

 

 

キャリアプランの考え方や書き方

キャリアプランと職務経歴書は別もの

 

キャリアプランを書く際に、混同してしまいがちなのが職務経歴書です。職務経歴書は転職活動で必要になるので、キャリアプランを書いたついでに一緒に作ってしまおうと考えがち。ところが、これはNG。なぜなら、キャリアプランと職務経歴書では、制作の目的が異なるためです。

 

転職活動の面接の場では、キャリアプランを聞かれることがあります。ただ、本来のキャリアプランは、自分と向き合うために考えて、紙に書き起こすもの。

 

 

職務経歴書は外向け、キャリアプランは自分と向き合うもの

 

対して職務経歴書は、自分をアピールするために作るものです。そのため、職務経歴書は、自然と実績や結果をベースに作っていくのです。自分と向き合うためのキャリアプランは、自分が感じたことや考えたこととその経緯が何よりも大切。つまり、両者はそれぞれ作り方の異なるシートなのです。

 

またキャリアプランを作る際には、自分の外に正解を求めてしまう方も少なくありません。知らず知らずのうちに、「こうあるべき」と型を作ってしまうのです。

 

ただし、自分の外に正解を見出してしまうと、自分の希望や強みがかすみやすい危険性も。いつまでもしっくりこないプランニングをしてしまうことにもなりかねません。一度、自分と向き合って、素直な気持ちや思いを見つめる環境を作りましょう。

 

 

「考える」と「文章にまとめる」を分ける

 

キャリアプランを作るとなると、職務経歴書に書くような文章にまとめようとする方もいますが、おすすめしません。キャリアプランを作るには、頭の中の枠を取り外さなければなりませんが、文章にしようとするとつい枠の中で考えてしまいます。そのためキャリアプランを作る際には「考える」ことと「文章にまとめる」工程を別に行いましょう。

 

 

キャリアプランの考え方

 

自分の過去を振り返り、価値観を明確にしたら、自分がやりたいことを考えてみましょう。この時重要なのはそのやりたいことが自分の価値観に合っていること。今の自分ができることから発想してしまうと、「本当にやりたいこと」ではなく「できることの中でやりたいこと」しか出てきません。そのため、今の自分を一度取っ払ってみましょう。先に分析した自分の価値観と照らし合わせながら「心からワクワクする」やりたいことをリストアップしてみましょう。

 

 

キレイにまとめずにメモでもOK

 

この時点ではキレイなプランになっている必要はなく、「こんなことがしたい」「こんな風にありたい」というものを出していくだけで結構です。ついニヤッとしながら考えていくのがベストです。紙に書くのはあくまでメモなので、キレイにまとめるのではなく、後からまとめるための材料だと思ってください。

 

 

キャリアプランの書き方

 

材料が集まってきたら文章にまとめていきます。この作業は誰かに見せるためという目的もありますが、自分の頭の中をまとめる目的もあります。キャリアプランを書くのには順番も重要で、結論→理由→補足→結論の順番でまとめましょう。

 

はじめの結論と理由は一言でまとめるのが重要で、相手に伝えやすくするのと同時に、シンプルにすることで自分に腹落ちしやすくなります。「どうなりたいのか」「なぜなりたいのか」はシンプルに伝えられるようにしましょう。シンプルにまとめた後に、補足していきます。補足することで「結論」と「理由」がより伝わっていき、自分の頭の中もまとまっていくでしょう。

 

 

キャリアプランを作るなら1人合宿がおすすめ

 

キャリアプランを作る際には、できるだけ最初から最後まで一気に行った方がいいでしょう。日を分けてしまうと、せっかく考えたことがまとまらない恐れもあるからです。何度も見直しながら練っていくのはいいのですが、考えてから書くまでは一連の流れで行うのがおすすめです。

 

ただ、そうはいっても、なかなか自分を見つめる時間は取りにくいものですよね。そんなときにおすすめしたいのが、1人合宿です。週末などのまとまった時間を使って、非日常な空間でゆっくり自分と向き合う時間を取ってみてください。自分にアポイントメントを取る気持ちで時間を用意することが大切です。

 

 

キャリアプランニングシートの手始めは、ライフラインから

キャリアプランニングシートをつくってみよう

 

キャリアプランを作る際のシートを、キャリアプランニングシートと呼びます。キャリアプランニングシートは、最初からキレイに作る必要がありません。最終的にはキャリアプランニングシートとして整えていきますが、自分の頭のなかを整理することがこのシートの目的。あまり難しく考えず、ゆっくりと順をおって作っていきましょう。

 

では具体的にキャリアプランシートの作り方をご紹介してます。まずはじめに、作るものは「ライフライン」。横軸に時間、縦軸に心の盛り上がりを記した図です。

 

この図に、生まれてからこれまでの、心の盛り上がりを線で表していきましょう。テンションの上がったエピソードや落ち込んだエピソードを思い出せる限りで具体的に表現していきます。

 

 

キャリアプランは自分らしい人生を歩むための地図

 

キャリアプランは単なる目標設定ではなく、自分らしい人生を歩むための地図です。自分のことを知らずに目標設定をしても、自分が本当に求めるものとずれている可能性が高くなってしまうのです。ライフラインを作ることで、自分が喜びや悲しみを感じる瞬間が分析できます。つまり、自分の求める未来に合ったキャリアプランが作れるようになるのです。

 

ライフラインで自分と向き合った後は、実際にキャリアプランを作っていきます。キャリアプランでは、仕事のことだけでなく、人生を歩むなかでのポイントを総合的に見ていく必要があります。

 

 

キャリアプランは仕事だけではない

 

「キャリア」というと、多くの場合は仕事のことをイメージします。ところが、プライベートが満足できていないと、結果として仕事のパフォーマンスも落ちてしまうもの。数年後に目指す自分を考えながら、実現したいことを書いていきましょう。

 

 

未来から逆算するのがオススメ

 

このとき、10年後、5年後、3年後、1年後とキャリアシートを作るのがおすすめ。なぜなら、現在から未来に向かうと「求める未来」ではなく「実現可能な未来」しか描けないため。10年後から逆走したシートを作ると、どこかで今の成長速度だと難しいと感じるタイミングが訪れるかもしれません。そんなときも、安易に目標を下げるのではなく、どうしたら実現できるのかを考えましょう。重要な箇所に関しては、1年後の目標をさらに細かく分けて、1ヶ月ごとの計画を立ててみるのもいいかもしれません。

 

 

一貫性を意識してみる

 

また、未来から戻ってきながらキャリアプランを作る際に重要なのが「一貫性」です。10年後と5年後の目標がブレてしまうと、10年後の目標も実現できなくなります。10年後の目標を達成するために、5年後、3年後に何を達成すればいいのか一貫性を持って考えましょう。

 

 

キャリアプランシートを何度でもアップデートを

 

キャリアプランシートは1度作って終わりではなく、むしろ何度も作り直すことが大切です。最初のうちは慣れなくても、何度も繰り返すことで精査されていきます。そのうち、より自分が満足できるキャリアプランを作れるようになるでしょう。

 

 

面接で使えるキャリアプランの上手な伝え方

キャリアプランは最終的に人に説明できるように

 

キャリアプランは自分のために考えるものですが、最終的には誰かに説明できるようにしておきましょう。伝え方ひとつで、キャリアプランが実現されるかどうか変わってくるためです。

 

 

聞かれるのは「採用のズレ」をなくすため

 

ちなみに、企業が面接の際にキャリアプランを聞くのは、採用後のズレをなくすため。仮に企業が求めるスキルを求職者が持っていたとしても、そのスキルとは異なるキャリアを望んでいたとしたらどうでしょう。

 

もしも採用されてしまった場合、キャリアプランを諦めるか、会社側は別の人材を採用しなければならず、お互いに不都合が生じます。キャリアプランを正しく伝えることは、自分自身のキャリアプランを実現することにつながるのです。

 

 

ポイント1「具体性」

 

面接でキャリアプランを聞かれた際には、正確に面接官に考えを届けるために意識するべきポイントがあります。ひとつは「具体性」です。「自分を磨きたい」などの漠然な希望では、そこに至るまでの過程がわかりにくいためです。どんなキャリアパスを経たいのかや、将来目指す姿や担当したい仕事などを具体的に伝えましょう。

 

 

ポイント2「企業のメリット」

 

そして、もうひとつは「企業のメリットを考えること」です。企業は私たちのキャリアプランを実現するためだけに存在しているわけではありません。もちろんキャリアプランが会社の成長に繋がるのは良いことですが、その思いと企業成長が完全にリンクすることは難しいのです。

 

キャリアプランが実現した際に、企業にとってはどのようなメリットがあるのか。しっかりと考えたうえで面接時に伝えられたら、企業としてもキャリアプランの実現を応援したくなるでしょう。

 

 

「YOUTURN」でプロとキャリア相談をしてみよう

 

キャリアプランに興味を持ったのであれば、より深く自分と向き合うためにプロに相談してみるのがおすすめです。とくに、本媒体の運営企業が提供する、転職エージェント「YOUTURN」で相談するメリットをお届けします。

 

 

YOUTURNを使う理由①:トップコンサルタントが在籍

 

YOUTURNには、これまでさまざまな企業に優秀な人材を紹介してきたトップコンサルタントが在籍しています。多くのキャリアの積み立て方を見てきたコンサルタントだからこそ伝えられることがあり、多角的な視点でアドバイスをくれることでしょう。

 

YOUTURNを使う理由②:福岡でのUターンに特化している

 

2つ目の理由はYOUTURNが福岡のUターンに特化していることです。YOUTURNは、これまで単なる転職ではなく、Uターンや移住など人生の大きな転機を見守ってきました。

 

だからこそ、単なるキャリア相談には止まらない、人生の選択肢を広げてくれるアドバイスをくれるでしょう。もちろん相談をしてみて福岡に興味がわけば、福岡での転職の相談も可能です。

 

 

YOUTURNを使う理由③:ハイクラス人材の求人を扱っている

 

最後の理由は、YOUTURNではハイクラス人材の案件を扱っていること。YOUTURNでは、経営者クラスや大企業の役員クラスなどの、一見転職の難しい案件の数多く取り扱ってきました。将来のキャリアプランに起業や経営などが含まれる方にとって、ぜひご活用いただきたいエージェントです。

 

 

まとめ

 

キャリアプランは、未来に向かって歩くつもりで考える計画書です。必ずしもその通りに人生が進むとは限りません。ただ、無計画に人生を進めるよりは、目標を持って歩む人生の方がずっと有意義なものとなるはず。

 

もしもこれからの人生について考える機会がある際には、改めてキャリアプランを作ってみてはいかがでしょうか。本記事を通して、理想のキャリアを描いていけることを願っています。
福岡移住でキャリアアップを実現する方法は?

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?