転職活動を自分自身で進めるなかで、どうしてもつまづいてしまうことはありませんか。

「この企業について知りたいけど情報が足りない」「面接の受け答えどうしたら良いのだろう?」などの疑問は、1人でインターネットを調べていても見つからないことも多くあります。

 

そんなときに助けとなるのが「キャリアコンサルタント」の存在。企業に対する理解や面接対策はもちろん「なぜこの業界を目指したのか」など根本から考えるきっかけを与えてくれます。

 

本記事を通して、キャリアコンサルタントについての理解をじっくりと深めていきましょう。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

キャリアコンサルタントは、将来設計の専門家

キャリアコンサルタントは、職業設計を行うなかでの助言や指導を担当する専門家です。人それぞれの適性や職業経験を考慮して、一人ひとりに合ったアドバイスを提供しています。

 

彼らは企業の人事や大学のキャリアセンター、公的職業支援機関などのあらゆる団体で活躍しています。さらには、人材紹介や人材派遣会社のなかでも。どのような会社に応募しようか迷う方に向けて、助言を行なっているのです。

 

キャリアコンサルタントになるためには?

コンサルタントになるためには、国家資格のキャリアコンサルタント試験を受ける必要があります。下記の受験資格を持っており、該当基準に達してはじめて、コンサルタントとして認定されるのです。

 

【受験資格】

1.厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者

2.労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者

3.技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者

4.上記の項目と同等以上の能力を有する者

 

上記のように講習を修了、または3年以上の相談実績が必要です。試験内容は筆記試験と記述式の論述試験、さらには面接試験でロールプレイと口頭試問を行います。

 

上記、国家資格を持つ場合はキャリアコンサルタント、持たない場合はキャリアアドバイザーまたはキャリアプランナーと呼ばれます。

 

キャリアコンサルタントと面談する前に準備すべき3つのこと

 

プロのキャリアコンサルタントと面談できる場所が、人材紹介会社です。申し込みさえすれば、誰でも面談することが可能です。キャリアコンサルタントと面談する前には以下のことを事前に行なっておくとスムーズかつ、より深いところまで話を聞くことができるでしょう。

 

1.いつ転職するか決めておく

中途採用のほとんどは、人材の補充や新規事業に携わる人材の募集。つまり、採用活動は企業にとってスピードが大切です。となると、転職のスピード感によって、エージェントが紹介できる企業が変わってくるのです。

 

・時期も含め、具体的に転職を考えているのか

・良い会社があれば転職したいのか

 

せめてこのふたつのどちらなのか、明確にしてから面談に臨めたら話も進みやすいことでしょう。さらには、ゴールを決めて、逆算した転職スケジュールなどがあると、より安心です。

 

2.スキルや経験を把握しておく

今までどんな仕事をしてきたのか、どんな資格を持っているのか。しっかりと話せるような状態にしておきましょう。自己内省がどれだけできているかどうかでキャリアコンサルタントとの面談の質が変わってきます。

 

・過去の仕事や身についたスキル

・所有している資格

・過去にどんなプロジェクトに参加し、どのような評価を得たのか

・仕事を通して学んだこと

など

 

このように過去の仕事を振り返り、どんな職業で何を学んできたかを自分の言葉で話せる状態になれていると、キャリアコンサルタントとしても次の話が組み立てやすく、有効的に面談の時間を使えることでしょう。

 

3.希望の条件を書き出しておく

転職の理由や、転職時に必要な条件、どんな仕事や働き方が希望なのか。人によって、転職時に希望する条件はさまざまです。社内の環境以外にも、職場の近隣の環境など、あらゆる条件のなかで、自分が意識するべき点を明確にしておきましょう。これらをはっきりとさせておくことで、私たちの希望に合わせて、エージェントは企業を紹介してくれます。

 

キャリアコンサルタントに相談するメリット・デメリット

事前に思考の整理をしたら、実際にエージェントに赴きます。しかしエージェントに行ってキャリアコンサルタントに話を聞きに行くこと自体にもメリットやデメリットが生じます。ここからは、キャリアコンサルタントに相談をするメリット、デメリットを見ていきましょう。あらかじめ確認しておくことで、効率よくキャリア相談ができるはずです。

 

自分にない知識や思考を得られることがメリット

 

エージェントに相談することは、あなたの思考を改めて整理することでもあります。その対話のなかで本当は何をしたいのかを考えるきっかけにもなり、自分ひとりでは知り得ない情報を知ることもできます。具体的にどんなことができるのか順を追って説明します。

 

1.壁打ち効果がある

エージェントに行くとコンサルタントから問いを繰り返されます。そうすることで「自分は転職をして何がしたいのか」はたまた「どんな人生を送りたいのか」と内省を行うのです。これにより、自己理解が深まります。

 

2.自分の持っていない知識を知ることができる

プロのキャリアコンサルタントだからこそ、希望業界の市場感や企業との出会いなど自分が持っていない知識や機会を与えてくれます。沢山インターネットで調べたからといって、転職したいと思う地域の最新の情報が出てくるとは限りません。プロの知識に頼ることができるのもメリットのひとつです。

 

3.転職事例ケースが豊富

日々、多くの求職者と話すキャリアコンサルタントだからこそ、成功事例や失敗事例を数多く知っています。たとえ転職しても社風が合わなかったり、就業条件が違っていたり。さまざまなケースを知っているのが、コンサルタントです。転職時の齟齬が生まれないよう、面接ではどのような質問をすれば良いのか。何に気をつけて求人票を見れば良いのか。数ある失敗事例からアドバイスをくれる、転職時の強い味方です。

 

コンサルタントならではのデメリットもある

エージェントでの相談には、多くのメリットがあることがわかりました。ただ同時にデメリットも存在します。具体的な点としては、以下のふたつです。

 

・専門家としての視点で可能性を決め付けられてしまう

・ネガティブな情報が出てこない

 

それでは、具体的に見ていきましょう。

 

1.専門家視点で決め付けられてしまう可能性

コンサルタントは、異業種や業界への転職をあまり好まないこともあるようです。その限りではないものの、場合によっては、これまでのキャリアを踏まえた提案ばかりをされてしまうことも。それは、エージェントにとっては転職が早く決まることが嬉しいことだから。ゆっくりじっくり話を聞いてくれないエージェントも、なかには存在することを忘れてはなりません。

 

2.ネガティブな情報が出てこない可能性

エージェントは、求職者のスムーズな転職を求めています。そのため、企業のポジティブな面ばかりを伝えて、ネガティブな面を教えてくれないかもしれません。そうなった場合に、後々困るのは自分自身。

 

転職時には、コンサルタントとしっかりと話を重ねて、納得のいく企業探しを行なっていきましょう。また、セカンドオピニオンの立場で公平・公正に判断してくれるキャリアコンサルタントを探すのも、ひとつの方法とされています。

 

キャリアコンサルタントは、大きく分けて3タイプ

キャリアコンサルタントももちろん同じ人間。いろいろなタイプが存在します。そのため、相性の良し悪しが少なからずあるもの。ここでは、コンサルタントのタイプを知って、少しでも相性の良い方と出会うためのポイントをご紹介します。

 

1.ガンガン案件を紹介してくれるタイプ

キャリアコンサルタントのなかには、転職者の希望に合いそうな求人を次々と紹介してくれる方がいます。早く転職を決定するために、企業側の目線でコンサルティングを行なう方によく見られる傾向です。一見転職者全員に合わなそうに見えますが、転職を急いでいる方やたくさんの企業と面談をして相性を見極めたい方には合うタイプかもしれません。

 

2.転職者の内省に伴走してくれるタイプ

反対に、転職者本人の内面や納得感を大切にしてくれるのが伴走タイプです。一見、転職者に寄り添ってくれているため、上記のタイプより好まれますが、本人の思考と企業のビジョンが一致していなければ紹介しない面もあります。ゆっくりと転職できれば良いと考えている場合にはフィットすることでしょう。

 

3.ハイブリットタイプ

企業とも転職者ともやりとりができ、バランスよく紹介をしてくれるのがハイブリットタイプです。できるならば、転職時にはこのようなタイプのコンサルタントを探すことをおすすめします。転職者に寄り添いながら、どこまで妥協できるかも聞き出す。そのうえ、企業の特性も把握し、紹介してくれる。バランスの良い転職活動を行うなら、理想としておきたいタイプですね。

 

自分に合ったコンサルタントを選ぶなら、多くの対話を意識すること

以上のことからわかる通り、キャリアコンサルタントにもさまざまなタイプがいます。まずは、彼らがどんな価値観や信念で働いているのか知ることが重要です。それでは、コンサルタントの考えを知るにはどうしたら良いのでしょうか。

 

1. 紹介された企業について詳しく聞く

まずは、紹介された企業のことを深掘りして聞いてみてください。どういった情報を提供してくれるのかどうか。そして、知らないことを「知らない」と素直に言えるかどうか。キャリアコンサルタントを見極めるためのポイントは、年齢ではなく、情報を持っているかどうか。自分に合ったキャリアコンサルタントを見つけるようにしましょう。

 

2. 最低5人くらいのキャリアコンサルタントに会う

とはいえ、良いキャリアコンサルタントにはどのように出会えば良いのでしょうか。答えは、何人にも会いに行くこと。5人ほどのコンサルタントに会いに行って、そのなかでしっくりときた相手に相談するようにすると、自分らしい転職活動ができるはずです。ついつい面倒だと感じてしまいますが、このプロセスは案外重要なポイントなのです。

 

3. ワンランク上の転職エージェントに登録を

さらに相性の良いコンサルタントに出会う可能性を高めるのであれば、ワンランク上の転職エージェントを使ってみるのも手段のひとつです。たとえば20代であれば、ミドル・ビジネスリーダークラスに、30代であれば、シニア・エグゼクティブクラスに強い転職エージェントに。自分の先々のキャリアを見ることもできるので、選択肢が広がり充実した転職活動を行えるはずです。

 

YOUTURNで活躍するコンサルタント

ここで、当ブログを運営するYOUTURNについても少しご紹介です。

 

当社には、キャリアコンサルタントが在籍しています。その中のひとり、高尾大輔は13年間転職エージェントとして活躍してきました。

高尾が大切にしてきた信念は「自分が間に入らないと出会えないご縁を創出する」こと。まだ知られていない志と将来性のある企業を深く理解し、同じ価値観を持つ人を見つけては熱く語り、企業の存在を知ってもらう。そんな風に企業と人のご縁が繋がり、事業が拡大していく様子を見ることは自分自身にとっても大きな喜びだったといいます。

高尾が考える、良いキャリアコンサルタントの基準は「今後の人生をどう生きていくか」の根本的な段階から伴走してくれる方であること。以前、本媒体で行なったインタビューでも、以下のように語っています。

 

「移住や転職はすぐに決められることでもありません。自身が福岡にUターンした経験から決断のタイミングにだけ相談相手が必要なのではなく、解を見つけていくプロセスにこそ相談相手が必要なのだと実感しました。こうした経験から決断に至るまでの思考や感情の整理、客観的視点を交えた上でのディスカッションを繰り返し行うことでより納得のいく結論を出していただければと思います」

当社がこれから支援していく分野は「移住×転職」。仕事を変えるだけでなく、生活環境まで変えることは人生の中でも大きな変化です。すぐに結論が出るわけではないでしょう。少しずつでも思考や感情を整理し、前に進みながらともに歩んでいきたいと思います。

 

福岡Uターンの専門転職エージェントなら「YOUTURN」

 

YOUTURNでは、無料でキャリア相談を受け付けています。移住専門の転職コンサルタントがあなたのキャリア構築を徹底サポート。最後に、YOUTURNのおすすめのポイントを少し、お伝えします。

 

①福岡・九州の情報に強い

福岡に拠点を持つYOUTURNは、当然のことながらしっかりと地元の企業との関係性を築いています。持っている情報量、情報の質も高く、安心できる情報をお渡しできるのです。

 

②思考の整理からともに伴走者として歩んでくれる

一般的に転職面談は、「どんな業界に興味を持っているか・どんなキャリアアップを望んでいるか」といった話からスタートすることが多いですが、当社は本当に転職がしたいのかと根本から話し合い、ご思考を整理するところから始まります。そこからあなたが一番輝く方法を一緒に探して、自己実現につながる環境をご提案します。

 

③転職だけでなく移住までサポート

YOUTURNでは、転職だけではなく、移住に関してもサポートします。移住するとなると「物価は本当に安いの?」「住む地域はどこがよい?」と地域のことも気になるもの。そうしたときには実際に移住した立場として実体験も交えながらお話することが可能です。ちなみに、東京では、福岡銀行が運営する「ダイアゴナルラン東京」(八重洲)で、またはオンラインでも相談を受付しています。

 

まとめ

名前を聞くことはあれど、なかなか実態がつかめない「キャリアコンサルタント」。少しイメージは持てましたでしょうか。なぜ転職したいのか、今後の人生をどこで過ごしたいのか。キャリアとなるとあらゆることを考えていくものですが、その答えとして必ずしも転職・移住があるわけではないかもしれません。

 

もしもキャリアについて考える機会があったら、本記事の内容を思い出しながら、ぜひ一度キャリアコンサルタントへの相談にも足を踏み出してみてくださいね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?