「新卒で就職して、年功序列で徐々に給料が上がり、定年まで勤めて退職する」

 

昔は当たり前だったこのようなキャリアは、今後は保証されなくなると予想されます。より高い給料と地位を得るには、キャリアアップしながら個人の価値を高めていく必要があるでしょう。

 

ただ、「キャリアアップしたいけど、どうしたら良いのか分からない」「転職でキャリアアップするには?」といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

キャリアアップするには、自分の強みや目指す未来を明確にして、市場価値を高めることが重要です。

今回は、転職につながるキャリアアップの考え方と注意点をご紹介します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

キャリアアップとは市場価値を高めること

キャリアアップとは、ある分野において今よりもさらに知識と能力をレベルアップさせることをいいます。自らの市場価値を高め、お金という対価を得られるスキルを付加していきます。

同じ会社でしか再現できないスキルだと、他の会社へ転職してキャリアアップすることができません。

市場価値を高めるには、環境が変わっても実現できるスキルを身につけることが重要です。

会社を変えても報酬となるので、他の企業への転職が可能になり、あらゆるキャリアの選択肢を広げられます。

 

まず自分年表の作成を

キャリアアップは、明確に定義づけることはできません。どの会社で、どのように働きたいのか、どんな自分になりたいのかなど、仕事に関する価値観は人によって大きく異なるものだからです。自分の価値観に基づいて、目指すキャリアアップを見つけ出していく必要があります。自分の目指すキャリアアップを見つけるためには、それなりの準備が必要です。

 

準備としてまず必要なのが、これまでのキャリアの振り返り。社会人になってから今までの年表を書いてみることがおすすめです。社会人のキャリアがあまり長くない人は、年単位だと情報が少ないざっくりとした年表になってしまいます。その場合は年単位ではなく、月単位で細かく書くと振り返りやすいです。

 

たとえば以下のように記載します。

 

・2014年4月 〇〇株式会社入社 

・2014年5月 大阪支社へ研修

・2014年7月 〇〇部署配属

・2014年9月 社内コンペに参加

 

過去のキャリアを振り返ることで、過去の経験から得たスキルや経験、自分の強みが見えてきます。

やりがいを持って仕事に取り組めていたのはどんなときか、逆にモチベーションが下がっていたのはどんなときかも明確に振り返れます。

自分の感情が動いた部分に、自分が目指すキャリアのヒントがあるはずです。

 

納得感あるキャリアアップのため「決断」する

キャリアアップをこれから実現していきたい。そう感じたときには、まずは、自分にとってのキャリアアップを見つめて決断するための勇気が必要です。ここでは、キャリアアップを知る上で忘れてはならない心構えの話を少しだけご紹介します。

 

おさえておくべき注意点

キャリアアップにおいて大切なのは、自分が幸福を感じながら働ける環境を探すこと。

給料や地位を上げることばかりに目を向けてしまいがちですが、これらは自分の理想を叶えるための手段に過ぎません。まずは自己分析をして、目的となる自分の理想のキャリアを理解していくことが必要です。

 

「自己分析なんてしなくても、自分のことは分かっている」なんて方も、周りの意見に流されたり、世間体を気にするあまり見栄を張ったりしてしまうもの。無意識のうちに自分の気持ちを見失っていることもあります。

 

深いところまで自己分析して、「自分にとってのキャリアアップとは何か」を明確にしましょう。

 

キャリアアップの成功事例

キャリアアップを成功させるためには、自分自身の納得感を追い求めることも大切なポイントです。キャリアアップに成功する方は、図らずとも、自分の目指すべきキャリアを「決断」します。自分自身で決断し、自分から一歩を踏み出せるのです。その結果、自分が納得できるキャリアを手に入れることができます。

 

キャリアアップの失敗事例

キャリアアップに失敗してしまう方は、複数の選択肢の中からキャリアを「選択」します。

「A社は給与は良いけれど業務内容に興味はない、B社はやりたい仕事をやれるが拘束時間が長い…」

このように選択肢を比較した上で、得るものを決めます。

そのため得ようと決めたもの全てが満たされないと不満になり、自分のキャリアに納得感を得られません。

 

年代別のキャリアアップ事例

ここで、キャリアアップの参考となるよう、年代別のキャリアアップ事例を見ていきます。汎用性のある目線で、必要な力を見ていきましょう。

 

20代のキャリアアップ事例

20代は、まだ経験が浅く、専門性は不十分であることが多いです。その分、キャリアアップするために重視されるポイントは、ビジネス基礎体力が身についているかどうか。ビジネス基礎体力とは、ものの見方、思考力、行動力など、仕事をするうえで基礎となる力です。

 

スポーツでも、一流になるためには基礎練習やトレーニングで基礎体力を身につけますよね。

これは、ビジネスにおいても同じです。ビジネス基礎体力を身に着けることで、成果を求めるための基本的な脳みそが出来上がります。その結果、どの企業にも通用する基盤が完成していくのです。

 

30代のキャリアアップ事例

30代のキャリアアップの場合は、基礎体力に合わせてアレンジが必要です。ビジネス基礎体力が足りない場合は補強することはもちろんのこと、成果に向けたあらゆる道筋を描けるようになる力も必要です。これを、ビジネスの場では「再現性」と呼ぶこともあります。

 

ビジネスの観点から状況を正確に判断し、チームをまとめて、戦略を組み立てる。基礎力に加えて、応用力やアレンジ力が試されるのが、30代のキャリアの特徴です。

 

スキルアップとキャリアアップの違い

キャリアアップとよく似た言葉には「スキルアップ」があります。一見似た言葉であるため勘違いしやすいですが、これらの言葉の意味は異なります。スキルアップはキャリアアップのひとつの要素であると考えておくと、スムーズに理解が進むことでしょう。

 

キャリアアップは、自分自身の市場価値を高めること

キャリアアップとは、どんな会社でも通用するスキルや経験を身に着けて市場価値を高めることです。

キャリアアップするにはスキルアップも必要な要素ですが、それだけでは不十分です。

戦略を立てて、自分のキャリアに必要なスキルを選択して身につけ、市場価値の高い経歴を積み重ねる必要があります。

 

スキルアップは、知識や資格によって自分自身がレベルアップすること

スキルアップとは、仕事するうえで必要な技術、知識、資格などを習得してレベルアップすることです。

長く働いているうちに自然と身についていきます。

 

スキルアップもキャリアアップのための方法のひとつ。キャリアアップは、さらに大枠の考え方だと捉えておくと、わかりやすいのではないでしょうか。

 

キャリアアップする人が持っている3つの習慣

これまでは、スキルや目に見える変化などについて解説していきました。ただし、キャリアアップには、目には見えないマインド面の整頓も必要です。キャリアアップできる人、それは、果敢に行動のできる素直な人とも言い換えられます。具体的に見ていきましょう。

 

1.戦略的に未来を設計する

キャリアアップできる方は、自分がどうなりたいのかと具体的にイメージし、道筋を明確に描けます。「こうなりたい」「ああなりたい」と漠然と思っているだけでは、なかなか実現はできないものです。

 

企業でも、企業理念を実現するために経営戦略を立てますよね。同様に、個人の場合にも、理想のキャリアを実現するために戦略を立てます。

 

たとえば「◯年後までに◯◯のポジションに就く」「◯年後までにこれだけのノルマを達成する」など、具体的に考えます。その戦略に基づいて、地道な努力を積み重ねることでキャリアアップに繋がります。

 

2.モチベーションをコントロールする

自己分析と明確なキャリアプランで良いスタートを切ったあと、行動を続けるにはモチベーションの維持が必要不可欠です。そして、このモチベーションの維持は、意外にも大変なもの。

 

そんなときには、モチベーションに依存しないよう習慣化することがおすすめです。

週に30分だけ自分の目標と行動を振り返る時間を作ったり、通勤時間やお昼休憩を勉強時間に当てたり、努力を習慣化してしまえば苦痛ではなくなります。

 

キャリアアップに向けて立てた目標と行動設計を実現するため、毎日少しずつ行動して習慣化していくこと。気がついたら、いつでも努力できていたと言える環境づくりが大切です。

 

3.素直に「教えてください」と言える

最後に、一番覚えておきたいポイントです。それは、先輩・後輩に関係なく、素直に「教えてください」と言えること。

 

大人になると、誰かに何かを教えてもらうことに抵抗がでてきますよね。「そんなことも知らないのか」と思われるのが恥ずかしく、つい何でも知っているかのように、装ってしまうことも。

 

しかに、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざの通り、知らないことを知らないまま過ごすのは、後々のキャリアにとってあまり良いことではありません。むしろ、今だからこそ聞けるチャンスがあると捉えて、たくさん知識を吸収していくこと。

 

素直でさまざまな情報を得ていくスタンスの方のもとには、必ず情報が集まっていきます。すると、いずれ知識をしっかりと集められる環境も出来上がるのです。

 

キャリアアップで福岡へ移住という選択肢も

ここまでで、キャリアアップについての基本的な知識をご紹介していきました。じつは、キャリアアップをこれから考えたい方におすすめしたいのが、福岡への移住・転職です。

 

というのも、福岡には、市が推進するベンチャー・スタットアップ支援により、次々と面白い企業が集まってきているのです。

 

地方都市である福岡では、地域の過疎化や高齢化社会、介護問題などの社会問題が、目の前の現実としてあります。そのため、それぞれの強みを活かして社会課題の解決に尽力するベンチャー企業が多くあります。福岡の移住転職には、キャリアアップを実現できるさまざまな可能性が秘められているのです。

 

都心での経験を活かして、より良いキャリアを歩むことも、まったく不可能ではありません。これからのキャリアアップを考えるうえでは、ベンチャー企業が積極的に出入りする福岡の地がおすすめです。

 

福岡でのキャリアアップ&移住は「YOUTURN」

ここまでで、キャリアアップと、福岡に移住・転職環境について簡単にご紹介していきました。もしも福岡でのキャリアアップに興味が湧いた際には、福岡へのIターン・Uターンの専門転職エージェントYOUTURNキャリアプランの無料相談を受けてみてください。

 

「移住×転職」専門のコンサルタントが、スキルや経験を活かせる求人をご紹介します。もちろん、キャリア相談のみでも問題ありません。じっくりと時間をかけながら、ぴったりのキャリアを見つけていけることでしょう。ちなみに、キャリア相談は東京でも開催中。わざわざ福岡まで足を運ばなくても気軽に相談できますよ。

 

非公開求人やハイキャリアの案件も多数あるのがYOUTURNの特徴です。一人ひとりにとってベストな選択肢を一緒に見つけていきます。

 

まとめ

今回は、転職に繋がるキャリアアップの考え方と注意点をご紹介しました。

 

ただ漠然と働いているだけでは安定や給与アップが保証されない今の社会では、理想のキャリアに向けて自分で戦略的に行動する必要があります。逆を返すと、どのような企業や環境にいる方でも戦略次第で可能性が広がっているのです。

 

「今の会社で、このまま働いていていいのだろうか」となんとなくモヤモヤしている方は、今がチャンスです。この記事を参考に、キャリアアップについて考えてみてください。そして、そのキャリアアップの際に、福岡の地は力強く後押しをします。移住・転職を含めて、合わせて検討いただけると嬉しいです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?