さまざまなメディアでベンチャー企業が取り上げられるようになり、一時期のように「ベンチャー=不安」といったイメージは払拭されてきています。大企業に勤めている方でも、将来性のあるベンチャー企業を見つけて転職するケースは一般的になってきました。

 

今回はベンチャー企業に転職するとはどういうことなのか、最近のベンチャー転職のトレンドとともに紹介していきます。ベンチャー企業への転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

ベンチャー企業・スタートアップは「イノベーション」が鍵になる

ベンチャー・スタートアップに明確な定義はない

まずはベンチャー企業、スタートアップとは何なのか、その意味について見ていきましょう。なんとなく新しいことをやっている小さな会社のことだと思っている方も少なくないのでしょうか。

 

日本では新しくできた企業を総称してベンチャー企業と呼んでいますが、実は明確な定義はありません。

 

ざっくりと新しいビジネスでイノベーションを起こす企業という意味で使われています。スタートアップも言葉どおり訳せば新しくスタートした会社を意味しますが、厳密にはスタートアップと中小企業はその存在意義において一線を画します。

 

スタートアップは短期間での成長を狙う

スタートアップを説明するのであれば「新しいビジネスモデルで急成長し、急激な成長とエグジットを目標にした集合体」という言葉が当てはまるでしょう。

 

エグジットとは投資した資金を回収する方法、つまり投資家から見たゴール(=EXIT)のこと。

 

株式売却、新規上場(IPO)やM&Aなどがこれに当たります。ベンチャー企業もIPOを目指すこともありますが、ベンチャー企業とスタートアップの違いは目指すゴールにあります。

 

スタートアップは短期間でのエグジットが目標なので、場合によっては売上を気にしていないケースもあるかもしれません。

 

対してベンチャー企業は中長期的に社会に変革を起こすのが目的なため、安定した収益を必要とするのです。ベンチャー企業やスタートアップは会社の規模やビジネスモデル、設立からの年数で定義されるわけではなく、その存在意義によって定義されます。

 

ただ、両社の違いは意識されていなかったり、今後も人や場合により、その定義は変わっていく可能性が高いと言えるでしょう。

参考:https://blog.btrax.com/jp/startup-2/

   https://creww.me/ja/tips/startupventure

 

ベンチャー企業やスタートアップへの転職を考える前に

転職市場で高まるベンチャー人気

最近ですと、大企業で結果を残してきた優秀な人ほど、ベンチャー企業に挑戦する傾向が高いようです。

しかし、ベンチャー企業は大企業と仕事の勝手が違うのも事実。

 

そのスピードについていけず、転職を繰り返してしまうケースもあるので要注意です。

 

自分がベンチャーで活躍できるか自己分析が大事

実際に転職活動を始める前に、自分が本当にベンチャーでやっていけるかどうか、これまでのキャリアを振り返ってみましょう。社会人になってからの年表を書き起こしてみるのがおすすめです。

 

例えば30歳営業職の場合、22歳で入社し1年目で○県の中小企業50社を担当。2年目に大型案件を受注。社内調整から価格交渉めで一人でこなす。3年目に営業部のMVPを受賞。

 

このように社会人になってからどんなタイミングでどんな実績を出したのかまとめてみると、自分にどんなスキルが蓄積されているのか整理されます。できれば事実だけでなく、その実績を出すためにどのような工夫をしたのか、どんな気持ちで頑張ったのか感情面にも注目すると自分を立体的に理解できるでしょう。

参考:http://career-theory.net/job-change-self-analysis-166

 

ベンチャー・スタートアップへの転職リスク

見逃せないベンチャー企業のリスク

ベンチャー企業への転職というのは魅力でありながらも、もちろんリスクも伴います。

 

最も大きいのは倒産リスク

1番大きなリスクは「倒産リスク」。今や大企業でも倒産する時代ですが、ベンチャー企業の倒産リスクの高さはその比ではありません。売上が安定していない企業も多く、転職直後に倒産してしまい、再び転職活動を迫られるケースもあるのです。

 

大企業と働き方が違うリスク

また自分が思っていたように働けない可能性があるのもリスクの1つです。ベンチャー企業の多くは売上を作るのに必死で、人事や総務などが整備されていな場合が多くあります。

 

誰かが片手間で人事・総務を兼務しているケースも少なくなく、あなた自身に総務などの役目が回ってくる可能性も十分にあります。

 

自分のスキルが磨けると思って転職しても、思いの外自分が磨きたいスキルが磨けないケースもあるので気をつけましょう。

 

ベンチャー・スタートアップへの転職メリット・デメリット

メリット・デメリットを見てから転職を考える

ベンチャー企業に転職するメリット・デメリットについても見ていきましょう。メリットを魅力的に感じて、デメリットがあまり気にならないようであればおすすめできますが、その逆であれば、一度思いとどまったほうがいいかもしれません。

 

メリット1:経営層の近くで働ける

まずメリットとして挙げられるのが、経営者の近くで働けて成長する機会が多いことです。大企業では組織構造が多層になっていて、直接関われるのが直属かその上の上司までということも少なくありません。

 

しかし、ベンチャー企業では組織階層が少なく、経営層に直接提案する機会も多くありえます。経営者にならなくても、経営スキルを学ぶこともできるため、総合的なビジネススキルを向上させられるでしょう。

 

メリット2:出世・年中アップのチャンスが多い

また実力さえあれば、年齢や性別に関係なく出世のチャンスもあり、同時に年収アップのチャンスもあります。大企業では数十年かけなければならないポジションにも、ベンチャー企業では数年で登ることもできるのです。

 

メリット3:ひとりの裁量権が大きい

裁量権が大きいのも大企業からみたベンチャー企業の魅力のひとつです。大企業にいると一つの物事を決めるにも上司から許可を得なければならず、なかなか自分で決めることができません。ベンチャー企業の場合はむしろ、自分で判断して行動に移さなければ仕事になりません。もちろん責任も伴いますが、自分がどれだけやれるか試したい方にはおすすめの環境です。

 

デメリット1:社長のワンマン経営になりやすい

デメリットとしては、よくも悪くも会社が経営者の影響を受けやすいことです。業績はもちろんのこと、就労環境なども経営者の一存で決まることも少なくありません。どんなに社員が頑張っても経営者の経営能力不足で業績が悪化することもあれば、ブラック企業になることもあります。

 

デメリット2:収入ダウンのリスク

創業期・成長期のベンチャー企業というのは、儲かっているように見えても事業に投資をしなければならず、収入がダウンするリスクも大いにあります。ボーナスがなく、固定残業制を採用している企業も多くあります。その代わりストックオプションなどのインセンティブを採用している企業もありますが、事業が成功しなければただの紙クズになることも覚えておきましょう。

 

デメリット3:就労環境が整っていない

大企業からベンチャーに転職して驚くことが多いのが、無法地帯とも言える就労環境。大企業では当たり前にあるようなシステムやルールが全く整っていないことも。特に就職しないでそのまま起業した経営者などは、そもそも会社の「当たり前」を知りません。それが吉と出る場合も凶と出る場合があります。あなたの最初に仕事が社内システムを作ることになるかもしれません。

 

転職先を探すときは、プロの目線にも頼ること

会社にメリット・デメリットは様々

ベンチャー企業のメリット・デメリットは、どの企業に転職するかにかかっているため、会社選びが非常に重要になってきます。

 

ベンチャー企業でなくても、企業選びは重要ですが、ベンチャー企業は「今すぐにでも優秀な人材に来てほしい」ために、メリットやビジョンは伝えますが、デメリットまで率直に開示してくれるベンチャー企業はまだまだ少ないという現状も。

 

余計会社選びには慎重にならなければなりません。

 

キャリアコンサルタントをうまく活用しよう

社選びに活用してほしいのが、転職エージェントにいるキャリアコンサルタントです。キャリアコンサルタントは日々企業の内情を調査しているので、本当に成長しているのか、労働環境のリアルについても知っている場合があります。

 

第三者からの評価を聞くことで、本当に優良企業かを見極めることができるでしょう。ただし、優秀なコンサルタントでなければ企業を評価することはできないため、信頼できるコンサルタント探しから始めなければなりません。

 

今、地方にベンチャーブームが移りつつある

20年前の東京のベンチャー熱が今地方で

ベンチャー企業は東京に集中していますが、最近では地方で日本を代表するメガベンチャーとなりうる、ベンチャー企業が増えているのはご存知でしょうか。

 

むしろ東京のベンチャー業界は飽和しているような印象も受けますが、福岡のような大都市では20年前の東京のようなベンチャー熱が生まれてきています。東京でキャリアを積んできた人の中にも、次のチャレンジ先を地方に見つけ、移住するケースも増えているのです。

 

地方にはまだ解決すべき課題が山積み

ITや交通インフラの発達のおかげで、地方格差がなくなってきたことも原因ですが、地方にはまだまだ解決すべき課題が残っていることも要因の一つです。自然に関わるような事業では、東京よりもむしろ地方で事業を行う方が有利な場合さえあります。

 

もしベンチャー企業を探すのであれば、東京に絞るだけでなく、地方にも目を向けて探してみると、あなたにあった企業を見つけることができるかもしれません。

 

Uターン・Iターンでベンチャー企業やスタートアップにチャレンジする選択肢

地方ベンチャーにチャレンジするメリット

盛り上がっている地方のベンチャー企業にチャレンジすることは、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

キャリアアップになりやすい

まず挙げられるのがキャリアのアップサイドがとりやすいこと。地方は企業の勢いはあれど、いかんせん人材不足が課題になっています。やる気も実力もある人はどうしても都会へ出てしまうので、地方で優秀な人材を確保するのはハードルが高いのが経営者の悩み。そのため東京で活躍している人材は喉から手が出るほど欲しいので、それなりのポジションと待遇を用意している企業も多いのです。

 

身近な問題を解決するのでやりがいを感じられる

地方ベンチャー行っている事業というのは、身近な問題を解決するためのものが多いです。そのため、事業が成功すれば課題が解決していくのを目の当たりにできますし、それだけやりがいも感じられます。そして、一つの地方で課題になっていることは他の地方でも課題になっている可能性が高いもの。はじめは小さな課題に感じるかもしれませんが、巡り巡って大きな仕事になるかもしれません。

 

競合が少ない可能性

地方ベンチャーの事業はオリジナルであることも多く、まだ競合がいない、もしくは少ない可能性は大いにあります。新しい市場を開拓しなければならないという難しさはありますが、競合を気にせずビジネスに集中できるのは地方ベンチャーの面白さとも言えるでしょう。

 

QOLの両立

1つはキャリアとQOL(生活の質)の両立が挙げられます。たとえば出勤のために我慢して乗る満員電車。満員電車があるのは東京近郊ぐらいのもので、地方であれば満員電車のストレスからも開放されるでしょう。ストレスがなければそれだけ仕事のパフォーマンスにも繋がります。

 

生活コストが低い

また生活コストが低いのもメリット。家賃や物価が東京よりも低いため、低コストで生活できます。それでも東京と同じ年収をキープする人も多く、中には転職によって年収アップする人も。東京と同じ年収で低コストで生活できるなら、それだけさまざまな可能性に投資できますね。

 

福岡でメガベンチャー作りを目指すYOUTURN

もし地方ベンチャーに興味が出たのなら、紹介したいのが福岡への移住×転職に特化した転職エージェント「YOUTURN」。代表の中村はITが発達した現代では、経営コストを抑えられる地方の方がベンチャー経営は有利だと考えています。

 

しかし、そんな中村が地方が東京に比べて不利だと感じているのが人材採用です。優秀な人材の採用がボトルネックとなり、伸びきれていないベンチャー企業が福岡には数多くいます。中村は福岡発のメガベンチャーを作るという思いから、東京の優秀人材に福岡のベンチャーシーンの熱さを伝えて回っているのです。

 

そんな中村の思いに共感したのが、キャリアコンサルタントの高尾。これまで転職業界でさまざまな企業と人をつないで実きた高尾が、次のチャレンジとしたのが「移住×転職」でした。転職だけでも人生の転機となりますが、移住も重なるとなれば人生の大きな岐路になります。

 

そんな重い決断をサポートするキャリアコンサルタントの責任もまた重く、だからこそ高尾はこだわりを持ってキャリア相談に乗っています。移住どころか転職も検討していない人のキャリア相談に乗り、その人らしい生き方ができるキャリアプランを一緒に作るのが高尾のやりがいになっています。

参考:https://blog.youturn.jp/?p=402

 

福岡Uターン・Iターンの専門転職エージェントYOUTURN

ベンチャー業界に興味のある方にはぜひ無料相談を利用していただきたいYOUTURNですが、その理由について紹介していきます。

 

YOUTURNを使う理由①:福岡の優良ベンチャーからの信頼があつい

YOUTURNは福岡のベンチャーシーンに特化して事業を行なっているからこそ、優良企業からの信頼も集まっています。

 

だからこそ質の高い募集案件を多く保有しているのです。YOUTURNが紹介するのは、厳選された、今後成長が見込める企業のみ。各企業の今後の事業戦略や市場観にも詳しく、非公開案件も数多く持っています。

 

YOUTURNを使う理由②:仕事以外の相談もできる

キャリア相談というと仕事面での相談のイメージがありますが、YOUTURNが考えるキャリアとはライフプランとも密接な関係にあります。そのため仕事を含めた広い意味でのライフプランについて相談できるのもYOUTURNの魅力です。

 

たとえば、生活環境、家族含め自らが人生でありたい姿など積極的に何でも相談してみましょう。

 

YOUTURNを使う理由③:東京で福岡のリアルな転職相談ができる

もしあなたが福岡に興味を持った場合、実際に移住と転職を同時に進めるのはハードルが高いのではないでしょうか。

 

YOUTURNなら東京にいながら、福岡のリアルなベンチャー情報が集まるだけでなく、生活に関する情報も得ることができます。福岡に何度も足を運ばなくても移住準備や転職を進められるのはYOUTURNならではの魅力です。

 

まとめ

最近ではベンチャー企業がメディアに取り上げられることが多いために、憧れを持つ方も多いですが、実情は決してキレイごとだけではありません。

 

大企業で考えられなかったトラブルが発生することも日常茶飯事で、はじめはみんな戸惑うものです。

 

しかし、それを乗り越えた経験こそがキャリアとなっていき、新しい挑戦ができるようになっていきます。もしベンチャー企業に興味のある方は、ぜひYOUTURNに相談に来てください。実際のところはどうなのか、リアルな内情をお伝えします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300
 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?