「自分のキャリアを見つめ直したい」「もっと能力を活かせる職場で働きたい」

 

そんな思いで転職活動を始めたとしても、初めての転職や、2回目以降であっても転職に慣れる、ということはなかなかありません。「面接で失敗したくない」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

転職活動で重要となる「面接」では、質問への回答内容だけでなくマナーもチェックされていますので、面接に臨む前から気をつけなければならないポイントがたくさんあります。

 

この記事では、転職活動における面接のポイントや注意点、転職エージェントのメリットなどをお伝えします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300

 

転職活動での面接は第一印象が大事

転職活動における面接は、大変重要なものです。中途採用の担当者が重視しているのは候補者の「第一印象」や「受け答えの仕方」だという調査結果もあるほど。これらは面接で大きく影響してくるものですよね。

書類や条件だけではわからない人柄の部分が、面接で見られているということです。

 

会社で働く上で、コミュニケーション能力は欠かせません。どれほどの技能や職歴があっても、チームでの仕事を円滑に進められないような人柄であれば採用には至らないかもしれません。

また身だしなみや社会人としてのマナーなど、スキルやコミュニケーション以前の部分もチェックされています。限られた面接時間内で自分の良さをアピールするためにも、事前にしっかり準備しておきましょう。

 

面接の自己紹介のポイント

1,自己紹介はスムースに回答できるように

ほとんどの面接で必要になってくるのが「自己紹介」です。面接官に自己紹介を求められたらスムーズに回答できるよう、あらかじめ準備をしておきましょう。

 

2,最低限伝えるポイントは5つ

あまり長すぎる自己紹介は好ましくないため、1分以内におさまるようポイントを絞ってまとめます。最低限伝えるべきポイントとしては以下の5つ。

 

①氏名

②年齢

③前職でのポジション、仕事内容

④実績

⑤この会社でやりたいこと

 

(参考:https://mynavi-creator.jp/knowhow/article/sample-questions-in-interview
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/6872/

 

3,要点がぼやける話は入れない

仕事以外の話までしてしまうと長くなったり要点がぼやけてしまいます。細かい話はあとから質問を受けて答えるようにし、自己紹介ではとにかく端的に答えることが重要。合わせて仕事への熱意もアピールできるといいですね。

 

面接の服装のポイント

1,相手を不快にさせないTPOに合わせた服装を

面接で気をつけるべきマナーは、社会人経験があればそう難しいものではありません。

 

服装は「相手を不快にさせないかどうか」という視点で考えればOK。最低限、以下のポイントは押さえておきましょう。

 

2,社会人としての一般的なマナーを守る

面接官より先に部屋へ入って待っている場合は、面接官が入ってきたら椅子から立ち上がりましょう。向かい側まできたら挨拶をして名乗ります。椅子にかけるよう指示があったら座ってください。

 

面接で受け答えしている最中は、必ず相手の目を見て話すこと。目を逸らしていると、不信感を抱かせてしまったり、自信がないように見えてしまったりするためマイナスの印象を与えます。

 

3,服装は相手を不快にさせないよう配慮

転職面接ではリクルートスーツを着る必要はありませんが、普段の仕事で着用しているようなスーツやジャケットを着ていくのが無難です。女性の場合は、濃いメイクやノーメイク、派手なネイルなどは避けたほうがいいでしょう。

 

格好だけでなく、匂いにも気を配ることが大切。香水のつけすぎや、タバコの匂いがしみついた服も印象ダウンの要因です。

面接というのは、これからお世話になるかもしれない会社の人との初顔合わせ。そんな大切な日にカジュアルすぎる格好や不潔な格好では失礼ですよね。TPOに合わせた服装ができる、というのも社会人としての能力のひとつです。

 

質問への回答や逆質問のポイント

1,「この人と一緒に働きたい」と思える未来の話を

面接官は、面接の質問を通して「この会社で長く活躍してもらえるか」「この会社で転職の目的を達成できそうか」という点を確認しています。そのため、ネガティブな発言はもちろん過去の話ばかりするのもNG。これからどんな仕事をしていきたいのかを、しっかり伝えましょう。

 

2,質問したいことも準備しておこう

面接の際には「何か質問はありますか?」と逆質問を受けることもあります。これは、入社してからの自分の姿をはっきりイメージできているかどうかや、会社への興味の度合いを確かめるためのもの。

 

入社してからのミスマッチを防ぐため、候補者の質問には真摯にできるだけ誠実に回答してくれるはずです。

事前にホームページなどから調べられることはすべて調べた上で、自分がその会社で働く想定をして質問を考えておきましょう。

最低でも5つは用意しておくと安心です。面接官が明らかに答えられないような質問や、調べればわかるようなことを質問するのはやめましょう。

 

事前に用意すべき想定質問集と回答のコツ

転職面接では、よく聞かれる質問がいくつかあります。もちろん会社によってさまざまな質問を用意していますが、定番の質問だけでも自信を持って答えられるよう準備しておきましょう。よく聞かれる質問4つと回答のポイントをご紹介します。

 

「今までの職務経歴を教えてください」

 

これまで担当してきた業務の内容や規模、役割、流れ、成果などを簡潔に答えます。はじめから全てを語る必要はありませんが、定量的な成果や、そこに至るまでの困難を乗り越えたプロセスなど具体例を用意しておくといいでしょう。

 

「 仕事での成功談・失敗談を教えてください」

成功談は、売り上げや達成率などの具体的な数字を使うと伝わりやすくなります。失敗談を話す場合は、乗り越え方や失敗から得た学びも一緒に説明しましょう。

自分が未熟だったと思う部分や、今でも苦手な部分はしっかりと伝えた方が「自分を客観的に見ることができる人物」という好評価にもつながります。

 

「当社(この業界)を選んだ理由は何ですか?」

転職の志望度や、転職を希望している業界について、どれだけ知識があるのか問われる質問です。

会社の特性や業界の特徴や動向、主な商品例などは最低限調べておきましょう。異業種からの転職の場合はとくに、なぜこの業界なのか明確な理由を伝える必要があります。

 

「転職を決意したのはなぜですか?」

採用後にまた同じ理由で辞められることを防ぐための質問です。前職の悪いところをただ挙げるのではなく、キャリアアップや、「向上心のために努力したのだが、どうしてもそれが前職は叶わない環境だった」「もっと役に立ちたい」などの前向きな理由を伝えましょう。

 

転職エージェントやキャリアコンサルタントを活用しよう

転職は周囲の人に伝えたり応援してもらったりすることが難しく、孤独な戦いになってしまいがち。ですが、ひとりで調べられる情報や考えられる面接対策には限りがあります。

 

そこで活用したいのが、転職エージェントやキャリアコンサルタントといった転職のプロ。

非公開求人情報の提供や、カウンセリングや面接対策を行なってくれるのが転職エージェントの強み。専属のキャリアコンサルタントがいる場合も多く、企業の人事担当者との間に入ってくれるため、相談すれば面接もスムーズに進められます。

 

有意義な検討ができるYOUTURNのキャリアコンサルタント

福岡のU・Iターンに強い転職エージェント・YOUTURNには、転職まで一緒に伴走してくれるキャリアコンサルタントが在籍しています。

YOUTURNのキャリアコンサルタント、高尾 大輔は福岡県に生まれ、大学進学で北海道へ移ったあと、大阪の住宅関連企業などを経験。転職支援に特化した「プロコミット」で転職エージェントとして経験を積み、現在はYOUTURNのキャリアコンサルタントに。

 

どうしても時間のかかる大きな決断に寄り添いたい、人生のターニングポイントで有意義な検討ができるパートナーでありたい、という信念のもと、自身の経験を生かして移住含めた転職のアドバイスをしています。

自身もUターン転職していることから、特に地方への転職相談や、キャリア形成も含めた移住について一緒に考えてくれますよ。

 

福岡のUターン・Iターン転職なら専門転職エージェントYOUTURNへ

転職で最近多いUターン・I ターンという形。都市部から地方へ移住して転職することになるため、考えておくべきことや準備することなどがたくさんあります。

地方の中でも住みやすさや交通の便の良さで人気の福岡。そんな福岡への転職に特化しているのがYOUTURNなんです。

 

移住と転職両方に対してアドバイスをできるキャリアコンサルタントがいるため、ひとりでは決められないようなことに対しても、客観的な意見をもらいながら進めることができます。

東京・八重洲の「ダイアゴナルラン東京」ではYOUTURNへの無料相談も可能。転職に当たって第三者の意見が欲しい場合にもご相談ください。

 

まとめ

「転職したいけど面接は苦手……」という方は、ぜひ上記の情報をもとに準備をしてみてください。服装やマナーはもちろん、その会社を取り巻く業界の行き先など、転職面接特有の質問にもすぐ答えられるようにしておきましょう。

 

福岡へのU・Iターンで転職を考えている方は、ぜひYOUTURNの無料相談に申し込んでみてください。専任のキャリアコンサルタントが、客観的かつ親身になったアドバイスをしてくれます。

人生において大きなイベントである移住や転職。後悔のない決断をするためにも、じっくり考えて相談しながら進めていってくださいね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_800x300

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?