移住がつきまとう地方への転職は、なかなか決断できるものではありません。

 

「一度地方に行くと、再び東京の仕事に就くことが難しいのではないか」「家族のことを考えるとまだタイミング的にはベストではない」「給料を下げてまでも行く価値はあるのか」など、地方移住にはさまざまな葛藤が付きものです。

 

そんな中、東京で働く「こだわり」を手放すことで幸福度が上がる人の特徴についてYOUTURNでは調査いたしました。

 

▼キャリアの葛藤について相談したい方はこちら

https://youturn.jp/users/sign_up

 

 %e3%83%95%e3%82%af%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af_1116

▼福岡移住イベントへの参加はこちら

11月16日(土):https://youturnevent20191116.peatix.com/

11月30日(土):https://youturnevent20191130.peatix.com/

 

 

YOUTURN では20代〜30代を中心とする東京で働く役職者100名を対象に性格傾向の調査を行いました

 

【調査概要】

・調査方法:インターネットで105個の質問に回答するアンケート

・調査対象:20代~30代を中心とする東京で働く役職者

・有効回答数:100名

・調査期間:2019年5月~7月

 

【調査結果概要】

・東京で働くことに「こだわらない」ことで幸福度が上がる可能性がある

‐ 東京で働くことが重要だと回答した役職者は、「仕事・自己実現」「人間関係」に満足していない

‐ 東京で働くことが重要だと回答した役職者は「外向性」「勤勉性」が高い

‐ 地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者は「神経質傾向」「調和性」が高い

 

YOUTURNでは、対象者に対し、以下の2つの質問を行い、地方移住の可能性の有無をヒアリングしました。

 

質問1:自分のキャリアを築く上で、今後も東京で働くことが重要か

質問2:将来的に地方へ移住してキャリアを築くことを検討している。あるいは、関心がある

 

 上記の質問で、母集団を東京で働くことが重要だと回答した役職者と、地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者の2つに分類し、性格傾向を調査したところ、東京で働くことが重要だと回答した役職者は、地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者に対して、「仕事・自己実現」「人間関係」に満足していない結果になりました。(図1)

 

 本調査に協力した性格データを分析する株式会社プロセスジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤由紀子、以下プロセスジャパン)の佐藤由紀子氏は、「人間が人生で満たしたいと願う項目は『仕事・自己実現』『愛情』『健康』『趣味』『人間関係』『家族』『知性』『お金』の8項目であると分類している」とコメント。

 

 以下の表は、その8つの項目に対して「自分の人生で欠けていると思う項目」を東京で働くことが重要だと回答した役職者と、地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者に対して調査し、可視化したグラフでして、東京で働くことが重要だと回答した役職者は地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者に対して、「仕事・自己実現」「愛情」「人間関係」「家族」の項目が「満たされてない」と感じている結果となりました。(図1)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-10-31-15-44-17

 

 

 

 また、人間の基本的な性格特性を表す5つの因子(外向性、神経質傾向、誠実性、調和性、開放性)のデータを計測したところ、東京で働くことが重要だと回答した役職者は地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者と比較して「外向性」「勤勉性」が高いことが、地方移住の選択肢の余地があると回答した役職者は東京で働くことが重要だと回答した役職者と比較して「神経質傾向」「調和性」が高いことわかりました。

(図2)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-10-31-15-44-31

 

プロセスジャパンでは、各特性を以下の表の通り分析しております。

 

 

■性格因子詳細

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-10-31-15-48-47

 

 

YOUTURN代表取締役の中村義之はこの調査結果に対して、東京で働くことへのこだわりを手放すことで幸福度が上がるという仮説を立ている

 

「私自身も以前は東京以外の地域で働くことは全く考えていませんでした。ヒト・モノ・カネのリソースが国内で最も集中している東京で働くことは、地元である福岡を含めた地方都市で働くことよりも、経済的・社会的成功の確率が高いと考えていたからです。経済的・社会的な栄達は、どれだけ上昇しても際限がありません。東京で働くことが重要だと回答した方の多くは、そういった成功を求める傾向が高いために(図2の『外向性』)、『仕事・自己実現』の理想と現実のギャップがなかなか埋まらず、家族や人間関係の充実を図ることにも時間を割けていないのではないでしょうか。(図1)

 

 私は、IPO後に病気を患い前職を退任してから、自分の価値観が大きく変化しました。地元福岡で、地域の発展に貢献できる事業を起業した背景には、仕事や自己実現にとどまらず、人生の幸福度を司る要素も大切にしたいと考えるようになったからです。」

 

また、中村は、自身の経験と今回のアンケートの結果から、地方に移住して働くことが人生やキャリアの選択肢になり得る方は、下記3分類のいずれかに該当する志向性を持つと推測しています。

 

■地方移住の選択肢の余地があると回答した「役職者」の3分類

1)内的自己実現追求タイプ:東京で経済的・社会的に自身が満足いく成功を遂げた後に、本来の自己実現を求めようとしている人

例>東京のスタートアップ企業で上場を果たした後に、地方で社会貢献実感の高い仕事に従事する

 

2)経済的社会的栄達追求タイプ:地方において、経済的・社会的な成功を見出そうとする人

例>東京で培った能力と経験をもとに、地方でメガベンチャーを目指すスタートアップにジョインする

 

3)精神的・文化的自己一致追求タイプ:東京で競争することに辟易して地方でスローライフを送りたい人

例>年収アップやキャリアアップの優先順位を下げ、地方で等身大の仕事に従事する人

 

どのタイプであろうと、地方移住が自身の幸福の追求にふさわしいオプションになりえると考え、キャリアの選択肢になっているものと思われます。

 

 

11月16日、11月30日の2日程で福岡移住イベント開催!

前述通り、東京で働くことにこだわる理由が、経済的・社会的成功への欲求である場合、常に上には上がいるので、どこかで考え方を変えなければ、いつまでも「仕事・自己実現」の項目の枯渇感が埋まらないと考えております。

考え方を変えるためには、自分自身の葛藤を超える必要があると考えております。なぜ、より良い収入を得たいのか、なぜより良い地位を手に入れたいのか、なぜ成功したいのか、なぜ今成功していないと感じているのか、自分の深い葛藤を超えた先に、その人本来の能力が発揮されると考えております。YOUTURNは診断と面談でその人の葛藤を一緒に紐解き、より幸福度の高いキャリアを実現するお手伝いをしていきたいと考えております。

 

 診断と面談を活用した具体的なキャリアコンサルに関して11月16日(土)、11月30日(土)に東京で開催します。イベントにて弊社代表取締役の中村とYOUTURNキャリアコンサルタントの柏木がお話させていただきます。

 

▼ご参加希望の方はこちら

11月16日(土):https://youturnevent20191116.peatix.com/

11月30日(土):https://youturnevent20191130.peatix.com/

 

▼無料キャリア相談はこちら

https://youturn.jp/users/sign_up

 

 YOUTURNは今後も、ビジネスパーソンの精神的な発達を促し、幸福度の高い移住転職を実現できるようサポートして参ります。

%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%b3%bb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc800x300

 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?