YOUTURNにご登録いただいた皆さま

こんばんは、YOUTURN代表の中村です。

 

前回のメルマガでは、「東京で働く理由」と「福岡移住したい理由」、2つの質問をみなさんに投げかけました。

 

今回は、「東京で働く理由」について深掘りしてみたいと思います。

 

「なぜ、東京で働いているのですか?」という問いをご自身に投げかけてみたときに、どんな理由が思い浮かびましたか?

 

もちろん、十人十色の理由があるはずですが、参考までに私自身を事例としてご紹介してみます。

 

【かつて私が地元福岡を出て「東京で働く意思決定」をした理由】

 

「社会的・経済的に成功したい」

「ヒト・モノ・カネが最も集約されている環境が成功確率が高いはず」

「国内で最もリソースが集約されている場所は東京」

 

当時は、ここまでシンプルに言語化できていたわけではないですが、振り返ってみるとこのような理由だったと思います。

 

当時の私には、「東京以外の場所で働く」という選択肢が一切ありませんでした。

 

東京で成功することが、唯一、自分が幸せになれることだと信じて疑わなかったのです。

 

そんな私が、福岡で起業して移住支援の事業を営んでいるわけですから、人の価値観っていうのは変わるものですね。

 

さて、東京で働くビジネスパーソンを以下のように2つに分類してみるとしましょう。

 

①「東京で働くことにこだわる人」(ある意味、当時の私)
②「東京以外でも働くことに関心がある人」(ある意味、現在の私)

 

先日、YOUTURNでは東京で働く役職者100名にアンケートをとって心理テストを行いました。

 

すると、面白い結果が出ました。

 

「東京で働くことにこだわる人」よりも、「東京以外で働くことに関心がある人」のほうが、「幸福度が高い」傾向にあったのです。(※詳しくは弊社プレスリリース参照

 

これは私自身の価値観の変遷を振り返っても納得感があります。

 

かつて私が「社会的・経済的に成功したいから東京で」働いていたとき、自分の幸福度を測るモノサシは、「経済性」一本だけだったのです。

 

本来、人間の幸福度をつかさどる要素は、「仕事」だけではありません。家族、人間関係、健康、趣味、自己実現など、多種多様です。

 

みなさんの多くは、社会的・経済的成功だけでは満足できないライフステージや人生観に変容を遂げて、「仕事はもちろん大切だが、それ以外の要素も大切にしたい」と願っているのではないでしょうか?

 

(このメルマガは2019年12月8日にYOUTURN会員に配信したものです。)

 


【移住×転職の無料キャリア面談のお申込みはこちら

 

【個別キャリア面談会とは?】

 

弊社YOUTURNのキャリアコンサルタントが1時間程度個別にご面談させて頂く場です。

 

福岡への移住転職をすぐにはお考えでない方でも、キャリアの棚卸しや今後キャリアを考えていくうえで、ご自身の思考整理をお手伝いさせて頂きます。

 

ぜひこの機会にYOUTURNのキャリア面談を体験いただけますと幸いです。

 

もちろんご事情やご志向に沿って求人情報のご提案もさせていただく機会となればと思っております。ぜひご参加くださいませ。

著者プロフィール

中村 義之
株式会社YOUTURN代表。地方のアセットを活かして持続可能なライフスタイルとイノベーションを生みだすための起業インフラを創出中。メイン事業はU・Iターン特化の転職エージェント。地方産業革新の担い手になりたい人材募集中。