YOUTURNにご登録いただいた皆さま

こんばんは、YOUTURN代表の中村です。

 

2019年最後のメルマガです。

 

前回からの流れでは「移住の不安」について語る予定だったのですが、今年最後ということで閑話休題。

 

「後悔しない移住を実現するための心構え」というお話しをできればと思います。

 

さて、何の話かと言いますと、

「ないもの」ではなく、「あるもの」に目を向けよう

というお話しです。

 

先日、こんなことがありました。

 

福岡県内の、とある自治体の職員の方と弊社オフィスで打ち合わせをしていたときのこと。

 

「うちの自治体が東京からの移住者を増やすために、足りていないものはなんでしょうか?」

という趣旨のご質問をいただきました。

 

曰く、「東京と比べると○○がない」(東京との比較における優劣)

曰く、「福岡市と比べると☓☓がない」(福岡経済圏内の比較における優劣)

 

そのような状況が故に、「これでは移住者が増えない」と懸念されているわけです。

 

この質問をされた自治体職員の方は、とても志の高い素敵な方で、真摯に街の発展を願ってのご質問です。

 

私は、このように想いのある方のご意見を無下にするような発言はしたくなかったので、
質問の意図を汲み取りつつ、次のように回答しました。

 

「東京や、他の街と比べて、『ないもの』に目を向けるのはやめましょう。

『ないもの』をつくるためのリソースに投資をしても際限がありません。

 

『東京にあって、地方にないもの』を求める人たちは、

おそらく移住しません。

 

移住する人たちは、

『地方にあって、東京にないもの』を求めているんです。

 

『ないものはない』

それでいいじゃないですか。

 

『○○はない。でも、こんなに良いところがあるんです』

それをしっかり伝えることが最も大切なことだと思います。」

 

 

東京にあって、地方にないもの。

それを埋める努力の先には何があるでしょうか?

 

それは、もうひとつの「トウキョウ」をつくる、という行為そのものですし、

「トウキョウ」にはなれない以上、永遠に終わることのない他者比較による自己否定です。

 

それよりも、

今、「あるもの」

をあらためて確認して、再度所有しなおし、価値を認めること。

 

他者比較による相対的な価値評価ではなく、

その土地固有のゆるぎない魅力と味わいに確信をもつ「あり方」にこそ、

人を惹き付ける「安心感」が宿るのだと思います。

 

 

例えばですが、

みなさんが働く会社の社長が、

「うちの社員たちには○○が足りていない。だから、○○ができる人に入社してほしい」

という発言をしていたらどう感じるでしょう?

 

それよりも、

「うちの社員たちにはこんなに素晴らしいところがある。○○はないけれども、それでも良いと思える人に入社してほしい」

 

という発言をしているほうが、人や組織の魅力が伝わってくるのではないでしょうか?

 

 

そして、この考え方はそのまま移住をする人自身にもあてはまります。

 

「福岡に移住したいけど、○○がない」

「地方は東京よりも、☓☓が足りない」

 

「あるもの」よりも「ないもの」への意識が強すぎると、その都市の本当の魅力を感じきることはできません。

 

客観的な事実を無視しろと言っているわけではなく、

ただ、「あるもの」も「ないもの」もそれぞれフラットに認識しましょう、

ということです。

 

 

そして、このようなものごとの見方は、

自分自身の「あり方」もかたちづくります。

 

「今の私には○○がない」

「今の私には○○が足りていない」

「○○を手に入れないと幸せになれない」

 

多くの場合、そのような自己理解をする背景には、

 

「周囲の人との比較」

「親兄弟から受け継いだ価値観」

「社会通念や固定概念」

 

などの「価値基準」が潜んでいるのではないでしょうか。

 

 

その「価値基準」が、「今、ここにいる自分」を否定し、傷つけ、

100%の承認を与えられない要因になっている。

 

私自身もそうでした。いや、昔よりはマシになりましたが、今でもそうです。

 

そのような価値基準から解放され、自由になることは容易なことではありません。

 

ただ、新たな年を迎えるこの時期、

「今、ここにいる自分」を100%承認する時間を1分でも2分でも持ってみませんか?

 

自分を認められたその先に、他者に寛容になり、

あらゆる人や地域の「そのまま」の魅力を発見する「あり方」が

見いだされるかもしれません。

 

(このメルマガは2019年12月29日にYOUTURN会員に配信したものです。)

 


【移住×転職の無料キャリア面談のお申込みはこちら

 

【個別キャリア面談会とは?】

 

弊社YOUTURNのキャリアコンサルタントが1時間程度個別にご面談させて頂く場です。

 

福岡への移住転職をすぐにはお考えでない方でも、キャリアの棚卸しや今後キャリアを考えていくうえで、ご自身の思考整理をお手伝いさせて頂きます。

 

ぜひこの機会にYOUTURNのキャリア面談を体験いただけますと幸いです。

 

もちろんご事情やご志向に沿って求人情報のご提案もさせていただく機会となればと思っております。ぜひご参加くださいませ。

著者プロフィール

中村 義之
株式会社YOUTURN代表。地方のアセットを活かして持続可能なライフスタイルとイノベーションを生みだすための起業インフラを創出中。メイン事業はU・Iターン特化の転職エージェント。地方産業革新の担い手になりたい人材募集中。