YOUTURNにご登録いただいた皆さま

こんばんは、YOUTURN代表の中村です。

 

今日取り上げる福岡移住の不安は、

「福岡に成長できる仕事はあるのか?」

という不安です。

 

かつて、「移住」という言葉には、

 

・シニアのセカンドライフ

とか

・田舎のスローライフ

 

などのニュアンスが含まれていました。

 

今も若干その名残があるかもしれませんね。

 

でも今はまったく違います。

少なくとも、YOUTURNが勧める移住のあり方は真逆です。

 

課題先進国、日本のフロントランナーは、地方です。

課題が山積する地方でチャレンジする方にこそ、ぜひ福岡に移住してほしいと願っています。

 

まず大前提として、そういったやりがいのある仕事、求人が福岡にはあるし、

成長意欲の高い、前のめりな人材が求められていることを認識してもらえたらと思います。

 

では、そんな福岡には「成長できる仕事」はあるのでしょうか?

 

それを考えるためには、

「どうすれば仕事で成長できるのか?」

ということを考える必要がありますね。

 

みなさんは、どんな環境に身をおけば成長機会を得られると思いますか?

 
・ロールモデルになるような上司、同僚

・専門的な知識や技術を身に付けられる職場

・裁量権のある役職やポジション
 

などなど色々と考えられると思います。

 

ただ、これからの変化の激しい時代で、

ひとつだけ強く意識しておくべきことがあります。

 

それは、「キャリアの正解もロールモデルもない時代に突入している」

という厳然たる事実です。

 

かつて、変化がゆるやかだった時代には、

「10年後に部長になるためには、あの人を見習えばいい」

などのロールモデルが存在する時代だったかもしれません。
 

また、ビジネスが今ほど多様ではなかった時代では、

求められる職種、スキルが一様で、

「この資格を取ったら大丈夫。」

という安心を得られたかもしれません。

 

でも、すでにそんな時代ではありませんよね。

 

答えがない中で、自ら正解を「つくる」というマインド。

 
それがない限り、東京だったとしても福岡だったとしても、

「成長」することができない時代になっています。
 

あるいは、成長という言葉を、

「時代に合わせながら自分らしく生き抜く力をつける」

という言葉に変換してとらえなおしたほうがいいかもしれません。

 

「福岡に成長できる仕事はあるのか?」

改めて、最初の問いに立ち戻ってみましょう。

 

福岡の街は今、大きく変化しようとしています。

 

多くのスタートアップが立ち上がり、

それに刺激されて大企業も、中小・老舗企業もイノベーションに取り組んでいる。

 

でも、その取り組みに正解はないし、誰もまだ答えを出し出していない。

 

だからこそ、東京でスキルや経験を積んだ人材を積極的に積極的に採用しようとしている。

 

そんな環境福岡にはが福岡には用意されています。

 

自ら答えをつくりにいくことができる方々はきっと成長できるはずです。

 
そして、そのあり方こそが今の時代にとても必要なキャリア観ではないでしょうか。

 

 

(このメルマガは2020年2月9日にYOUTURN会員に配信したものです。)

 


【移住×転職の無料キャリア面談のお申込みはこちら

 

【個別キャリア面談会とは?】

 

弊社YOUTURNのキャリアコンサルタントが1時間程度個別にご面談させて頂く場です。

 

福岡への移住転職をすぐにはお考えでない方でも、キャリアの棚卸しや今後キャリアを考えていくうえで、ご自身の思考整理をお手伝いさせて頂きます。

 

ぜひこの機会にYOUTURNのキャリア面談を体験いただけますと幸いです。

 

もちろんご事情やご志向に沿って求人情報のご提案もさせていただく機会となればと思っております。ぜひご参加くださいませ。

著者プロフィール

中村 義之
株式会社YOUTURN代表。地方のアセットを活かして持続可能なライフスタイルとイノベーションを生みだすための起業インフラを創出中。メイン事業はU・Iターン特化の転職エージェント。地方産業革新の担い手になりたい人材募集中。