福岡移住に興味はあるけれど、どんな企業があるか分からず、転職活動に難しさを感じてはいませんか。

 

現在、学校法人・麻生塾で人事を担当している大城さんも、福岡に希望通りの仕事があるんだろうかと不安だったそうです。当初、東京と福岡の両方で転職活動をおこなっていたという大城さんに、移住を決めた経緯を聞きました。

 

▼無料キャリア面談への申し込みはこちらから

福岡特化のハイクラス転職

 

大胆なキャリアチェンジ。エンジニアから人事へ

_mm_1490

ーー大城さんは東京出身で、大学では物理を学んでいました。卒業後の進路として研究職も考えましたが叶わず、老舗メーカーのIT子会社にシステムエンジニアとして入社します。

 

もの作りに興味があったので、ITで何かものを作って喜んでもらいたいと思いました。未経験での入社でしたが、技術職としてスキルが身に付けばいいなと。

 

入社後は、バリバリ開発するというよりは、グループ会社内の従業員からヒアリングして、プロジェクトを動かしていく仕事がメインでした。働く中で思ったのは、SEとして技術的にすごい人はたくさんいるということです。

 

そういう人達と面白いことをやったり、物事を進めていったりすることが、自分の生きる道かなと。4年目で人事に来ないかと声をかけていただいて、領域をガラッと変えるのも面白そうだと感じ、やってみることにしました。

 

ーー人事に異動後は、どんなお仕事をされていましたか。

 

当時まだ20代だったので、学生さんと年が近いこともあり、新卒採用からスタートしました。当時は半年勝負の世界で、就活解禁日から2週間ずっとイベントで喋り続けたり、大変でしたね。

 

人事の面白さは、影響を及ぼせる範囲が大きいことだと思います。1対1の対応もあれば、組織単位であったり、会社やグループ全体にまで影響力がある。

 

もともとは、「学生や後輩にいい影響が与えられたら」と考えていたんですが、徐々に社内のエンジニアや現場の皆さんに恩返ししたい、会社全体をよくしていきたいという思いが強くなっていきました。

 

ーー人事の仕事にやりがいがあった中で、転職を考えたきっかけは。

 

生活面と仕事面、両方に変化があったことです。まずコロナ禍で生活面が大きく変わり、家族の今後について考えるようになりました。

 

また同じ時期に、会社が吸収合併されることになって、社内文化がガラッと変わったんです。今振り返ると、その2つが自分にとっての節目でしたね。

 

私の地元は東京ですが、妻が福岡出身。コロナ禍以降、妻の親が1人で福岡にいることがすごく心配でした。何かあった時、身内が近くにいた方が安心だし、福岡も転職先候補として考えようと。

 

ただ、本当に移住するか決めきれない中で転職活動を始たので、東京の会社も見ていました。福岡は会社の数がどれぐらいなのか、自分に合う仕事があるのか、見えない部分がすごく不安でした。

 

もし福岡でいい仕事が見つからなければ、いったん東京で転職して、福岡の求人を探し続けていたかもしれません。

 

今、年収を下げても成長のチャンスを取りに行く

_mm_1462

ーー転職先も、人事の領域に絞って探していた大城さん。前職が老舗グループのIT子会社だったため、まったく違うベンチャー・スタートアップに応募するなど、幅広く動いていました。しかし、なかなか決まらなかったといいます。

 

自分が何をしたいかを落とし込まずに転職活動していたので、話を聞いても「何か違うなあ」と、確信が持てないまま進んでいました。

 

福岡の求人も、大手エージェントを通して探したんですが、自分としては福岡の会社の立ち位置や強みが知りたいのに、なかなか引き出せなくて不安でした。

 

あちらも「福岡に行きたい理由」には触れてこず、どういうところに合いそうかが重要で、私自身が商品の1つという感じ。まあ、当然ではあるんですけどね。

 

移住して妻を安心させたい思いと、納得できる仕事が見つからない現実の中で、もっと親身になってくれるエージェントがあればなと思っていたんです。

 

そんな時に、ネットでYOUTURNの記事を見つけました。福岡に特化していると知り、一度話を聞いてみることにしました。

 

ーー最終的に麻生塾に決めた理由を教えてください。

 

まず、YOUTURNのキャリアコンサルタントの高尾さんと、オンライン面談しました。福岡の会社のことを本当によく把握されていて、麻生塾でいうと「理事長はこういう考え方してますよ」とか、「人事グループのトップはこう考えていますよ」などの情報を、事前に教えてもらいました。

 

高尾さん自身がその会社の人なんじゃないか、と思えるぐらい詳しく話してくださって。

 

当時はちょうど、麻生塾が人事制度の変革を考えている時期でした。前職の仕事が採用や育成中心だったので、新しい経験として制度を変えるというできれば、キャリアの幅も広がるだろうと思いました。

 

それに伝統ある法人が、変化しようとしている姿勢がかっこよかったんです。前職で合併を経験して、老舗企業が変わること自体、大変なことだとわかっていたので。こういう企業で働いたら、充実感が持てそうだというのが決め手でしたね。

 

ーー麻生塾社以外には、どんなオファーがありましたか。

 

東京の大手企業から、IT人材のリクルーターポジションでの話がありました。ただ、年収は上がるものの、かなり残業があるという話だったんです。

 

福岡に来れば、年収は下がるけれど人事の幅が広がるし、妻の不安も減らせるし、と総合的に判断して麻生塾を選びました。

 

ーー30代前半で年収を下げるというのは、難しい決断ですよね。

 

今回の転職で、一番悩んだ部分ですね。福岡の相場がわからなかったので、高尾さんにも提示された金額が妥当なのか聞いたりしました。

 

あとは、自分でつけていた家計簿アプリを振り返って、どこまでなら年収を下げても生活していけるか計算したり。

 

高尾さんには、「評価として妥当なラインの年収」だと教えてもらい、生活面も大丈夫そうだったので、あとは入社してからがんばって偉くなろう、と思いました。

 

それに、前職で新入社員の育成に関わる中で、「環境が変わる時が自分を変えられるチャンスだ」と、ずっと言ってきたんですよ。

 

もしここで移住転職したら環境が変わり、自分の言葉がそのまま跳ね返ってくる。それって面白いし、成長のチャンスだと考えました。

 

転職後のギャップない。後悔のないよう突き進む

_mm_1377

ーー大城さんは現在、麻生塾の人事制度を変革するプロジェクトを進めています。入社前にやりたいと思っていた仕事に携わることができ、充実した毎日を送っています。

 

仕事としては、他にも会社の規程や人事を管理する労務まわりを見たり、ITの経験も買っていただき、HRテックに関わったりしています。

 

事前に、高尾さんには興味ある領域を話していたので、それを麻生塾の方にも伝えてくれていたのかな、と思います。入社して3か月経ちますが、自分がやりたかったことと、実際の業務内容とのギャップは少ないですね。

 

ーー福岡に移住されて、いかがですか。

 

博多の街は賑やかですが、すぐ近くに自然もあって、両方楽しめるのがすごくいいなと思います。趣味が釣りなんですが、釣り場までも車で10分20分ですし。

 

福岡って、実際住んでみたらローカルな要素も感じるのかなと思っていましたが、全然変わらないですね。地元に誇りを持っている方が多いですし、自分にはそういうのがないので、キラキラとして見えます。

 

妻も月に2~3回は実家に帰れていて、一緒にご飯を食べたり、家の手伝いをしたりしています。もともとの目的が叶って、安心させてあげられたかなと思いますね。

 

ーー最後に、YOUTURNを利用した感想を教えてください。

 

最初は、1回話を聞いてみようかぐらいの軽い気持ちで登録しました。高尾さんとの面談では、他のエージェントだったら5分10分で切り上げられる話を、1時間ぐらいしっかり聞いてくださって。

 

福岡の地場のこともよくご存じだったし、すっかりファンになったというか、ここだったら安心してお任せできそうだと思いました。

 

麻生塾から内定をいただいた時も、「高尾さんにマッチングしてもらった会社なら、間違いないだろう」と思えて心強かったですね。

 

(執筆後記)

 

福岡に移住して家族を安心させたい気持ちと、知らない土地に転職することへの不安。その両方を感じていた大城さんですが、YOUTURNのキャリアコンサルタントと密にコミュニケーションを取ることで、希望の求人に出会うことができました。

 

福岡の企業情報が知りたい、自分に合う会社を紹介してほしい、など福岡への移住転職に関する相談は、お気軽にYOUTURNまでお問い合わせください。

▼無料キャリア面談への申し込みはこちらから

福岡特化のハイクラス転職

 

著者プロフィール

YOUTURN編集部
株式会社YOUTURNは、首都圏でキャリアを積んだビジネスパーソンと、福岡で社会課題の解決に挑む企業とのマッチング事業を展開する会社です。スタートアップ都市として芽吹きつつある福岡のベンチャー企業、地場の優良企業への移住転職で、キャリアップとQOLの向上を実現してみませんか?